October 01, 2009

前の記事ダメ捕手、城島健司。The Johjima Problem.:メジャーと日本の配球論の差異から考える「城島問題」 『damejimaノート』(2)「外角低め」「ストレート」という迷信 実例:「アウトハイ・インロー」の対角を使うメジャーのバッテリー)で挙げたような「わざと高めを多用する配球パターン」が、メジャーでの配球論の基礎にすでに存在していることに、違和感を感じる野球ファンは、日本には多いとは思う。

よく日本の野球解説者が、「今日は球がよく低めに集まっていますね」とか言って、「ホメ言葉」として「低め」を使う。そういう言い方が定着しているのは

「球は低いほうがいい」
という日本的なkey thoughts


が、日本野球の背景にあるからである。

これは、160キロの速球でも軽々と打ちこなすバッターや、ローボールヒッターの揃ったメジャーでは、ある意味、key thoughtsなどという耳ざわりのいい言葉ではなく、ただの田舎モノの迷信とでもいっていい話でもある。

この2つ前の記事(ダメ捕手、城島健司。The Johjima Problem.:メジャーと日本の配球論の差異から考える「城島問題」 『damejimaノート』(1)「外角低め」「ストレート」という迷信)であげた「基礎的な6つの配球パターン例」を見てもらってもわかるとおり、「なんでもかんでも低い球を投げ続ければ打者はうちとれる」なんて馬鹿なことは、アメリカの配球の基礎論のどこにも書いてない。

むしろ、インハイの球を効果的な見せ球に使ってからアウトコースで決める3RD SEQUENCEや、外外と打者を攻めておいて最後にインハイにストレートを投げて詰まらせて打ち取る4TH SEQUENCEなどの実例を見てもらえばわかることだが、「高めのストレート」を有効に使うパターンはいくつもあり、特に「インハイのストレートの有用性」については、基礎編にすら、その有効性がとくとくと説明されている。

3RD SEQUENCE
See-Saw

1. Fastball up and in
2. Change-up down
3. Fastball up and in
4. Curveball down


4TH SEQUENCE
Away, away and in

1. Fastball lower outer half
2. Repeat fastball lower outer half
3. Curveball away
4. Fastball up and in


こうした「ストレートの使い方」「高めのボールの有効性」についての見解の相違に、メジャーと日本でこれほど大きな差異が出てくる背景というか、主因になっているのは、あきらかに
「決め球をストレートと想定して全体を組み立てている」のか、そうではなくて、「変化球を決め球にするための組み立てなのか」という、文化的ともいえる差異が影響している。

少なくともメジャーで野球をしたいなら、決め球を「アウトロー」とか「ストレート」とか、自分勝手に一義的に決め付けていては、キャッチャーとして、160ゲームもある長いシーズンをコントロールできる自由な発想は絶対に生まれてこない。

城島がチームにつれこんだ身内のチームトレーナーで、城島をスタメンで使わないからといって不平を言っている(というより、メジャーではタブーの「関係者によるチーム批判」)スタッフがいるそうだが、どれほどの馬鹿なのか? ほんとうに顔を見てやりたいものだ。

Copyright © damejima All Rights Reserved.






Play Clean
日付表記はすべて
アメリカ現地時間です

Twitterボタン

アドレス短縮 http://bit.ly/
2020TOKYO
think different
 
  • 2014年10月31日、PARADE !
  • 2013年11月28日、『父親とベースボール』 (9)1920年代における古参の白人移民と新参の白人移民との間の軋轢 ヘンリー・フォード所有のThe Dearborn Independent紙によるレッドソックスオーナーHarry Frazeeへの攻撃の新解釈
  • 2013年11月8日、『父親とベースボール』 (8)20世紀初頭にアメリカ社会とMLBが経験した「最初の大衆化」を主導した「外野席の白人移民」の影響力 (付録:ユダヤ系移民史)
  • 2013年11月8日、『父親とベースボール』 (8)20世紀初頭にアメリカ社会とMLBが経験した「最初の大衆化」を主導した「外野席の白人移民」の影響力 (付録:ユダヤ系移民史)
  • 2013年11月8日、『父親とベースボール』 (8)20世紀初頭にアメリカ社会とMLBが経験した「最初の大衆化」を主導した「外野席の白人移民」の影響力 (付録:ユダヤ系移民史)
  • 2013年6月1日、あまりにも不活性で地味な旧ヤンキースタジアム跡地利用。「スタジアム周辺の駐車場の採算悪化」は、駐車場の供給過剰と料金の高さの問題であり、観客動員の問題ではない。
  • 2012年7月3日、『父親とベースボール』 (2)南北戦争100年後のアフリカ系アメリカ人の「南部回帰」と「父親不在」、そしてベースボールとの距離感。
  • 2012年7月3日、『父親とベースボール』 (2)南北戦争100年後のアフリカ系アメリカ人の「南部回帰」と「父親不在」、そしてベースボールとの距離感。
  • 2012年6月29日、『父親とベースボール』 (1)星一徹とケン・バーンズに学ぶ 『ベースボールにおける父親の重み』。
Categories
ブログ内検索 by Google
ブログ内検索 by livedoor
Thank you for visiting
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

free counters

by Month