December 11, 2009

どうでもいい話なのだが、シアトルに新加入した「ショーン」・フィギンズの名前表記を、どういうものか、サンケイスポーツや日刊スポーツはじめ、多くの日本の新聞では、「チョーン」・フィギンズと表記しているようだ。
チョーン フィギンズ - Google ニュース


だがそれは間違い。ローマ字読みでもしてるのか、としか、いいようがない(笑)
チーム公式サイトのフィギンズのバイオグラフィにも、下記のように明記されている。(どういうわけか、3度も繰り返し説明してある(笑)よほど間違われることが多いのだろう(笑))

Desmond DeChone (Chone) Figgins (first name is pronounced 'SHAWN')...Desmond DeChone (Chone) Figgins (first name is pronounced 'SHAWN')...Desmond DeChone (Chone) Figgins (first name is pronounced 'SHAWN')

出展:Chone Figgins: Biography and Career Highlights | Mariners.com: Players(太字はブログによる)


耳で聞かないと確信が持てない人は、単語を入力すると発音を音で聞かせてくれる便利なサイトがあるから、実際にshawnという単語の発音を聞くといい。これは、アメリカでも発音がまちまちなNYYのテシェイラなどとは違って、「ショーン」としか書きようがない。
Pronunciation of shawn - pronounce shawn correctly in English.







Play Clean
日付表記はすべて
アメリカ現地時間です

Twitterボタン

アドレス短縮 http://bit.ly/
2020TOKYO
think different
 
  • 2014年10月31日、PARADE !
  • 2013年11月28日、『父親とベースボール』 (9)1920年代における古参の白人移民と新参の白人移民との間の軋轢 ヘンリー・フォード所有のThe Dearborn Independent紙によるレッドソックスオーナーHarry Frazeeへの攻撃の新解釈
  • 2013年11月8日、『父親とベースボール』 (8)20世紀初頭にアメリカ社会とMLBが経験した「最初の大衆化」を主導した「外野席の白人移民」の影響力 (付録:ユダヤ系移民史)
  • 2013年11月8日、『父親とベースボール』 (8)20世紀初頭にアメリカ社会とMLBが経験した「最初の大衆化」を主導した「外野席の白人移民」の影響力 (付録:ユダヤ系移民史)
  • 2013年11月8日、『父親とベースボール』 (8)20世紀初頭にアメリカ社会とMLBが経験した「最初の大衆化」を主導した「外野席の白人移民」の影響力 (付録:ユダヤ系移民史)
  • 2013年6月1日、あまりにも不活性で地味な旧ヤンキースタジアム跡地利用。「スタジアム周辺の駐車場の採算悪化」は、駐車場の供給過剰と料金の高さの問題であり、観客動員の問題ではない。
  • 2012年7月3日、『父親とベースボール』 (2)南北戦争100年後のアフリカ系アメリカ人の「南部回帰」と「父親不在」、そしてベースボールとの距離感。
  • 2012年7月3日、『父親とベースボール』 (2)南北戦争100年後のアフリカ系アメリカ人の「南部回帰」と「父親不在」、そしてベースボールとの距離感。
  • 2012年6月29日、『父親とベースボール』 (1)星一徹とケン・バーンズに学ぶ 『ベースボールにおける父親の重み』。
Categories
ブログ内検索 by Google
ブログ内検索 by livedoor
Thank you for visiting
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

free counters

by Month