March 30, 2010

MLB公式サイトがメジャー30球団それぞれに選ぶ、歴代名シーンベスト9のシアトル・マリナーズ版というのを見た。無性にイライラした(笑)

Baseball Video Highlights & Clips | Prime 9 examines the top moments in Mariners' history - Video | MLB.com: Multimedia

1.1995年      ディヴィジョン・シリーズ初突破
2.1995年10月2日 ポストシーズン初進出
3.2004年10月1日 イチロー、シーズン最多安打記録更新
4.2001年10月6日 シーズン116勝(メジャー記録タイ)
5.1993年7月28日 グリフィーJr.8試合連続HR
6.2001年       ALDS(地区シリーズ)突破
7.1990年9月14日 グリフィー親子アベックHR
8.2009年9月18日 イチロー、NYYリべラからサヨナラ2ラン
9.2002年5月2日 マイク・キャメロン1試合4HR


8試合連続ホームラン、という記録は、メジャー記録であり、これまで3人しか達成していない。7試合連続を達成した選手もわずかに3人しかいない。こういっては失礼かもしれないが、思ったより達成しずらい記録なのである。

8試合連続HR達成者(年代順)
Dale Long (1956)、Don Mattingly (1987)、Ken Griffey Jr (1993)

7試合連続達成者(年代順)
Jim Thome (2002)、Barry Bonds (2004)、Kevin Mench (2006)

8試合達成者の3人はまぁ置いておいて、7試合連続HRの達成者が、いけないねぇ。まぁ見てもらいたい。
個人的に非常に嫌いなバッターのジム・トーミも、ステロイダーのバリー・ボンズがランキングに入っていることも、なんとか我慢してみるとしよう。
しかし、だ。
7試合連続HRの3人目の達成者、Kevin Mench (2006)だけは、ダメだ(笑)

カタカナで書くと、ケビン・メンチ

メンチ。この名前、どこかで聞いたことがないだろうか?(笑)
そう。その通り(苦笑)当たりだ。
2009年に阪神にいた、あの男。7月に奥さんの出産に立ち会うために帰国したまま日本に戻ることのなかった(笑)、あの元・阪神のメンチ、である。出場ゲーム数、わずか15。酷いもんだ(笑)
ケビン・メンチ - Wikipedia

7試合連続ホームランは、メンチがテキサス・レンジャーズにいた2006年4月に記録したものである。しかも、これ、右打者としてメジャー史上初めての達成というから驚く。
なのに、だ。この年に出場した127試合で、彼が打ったホームランは13本。つまりシーズンの半分のホームランを、4月の1週間だけで打ったのである。
正直、ステロイドかなにかとしか思えない。
ちなみに、メンチは、その前年2005年に、12勝4敗、ERA2.33でサイ・ヤング賞の最右翼といわれていたロイ・ハラデイの足に打球をぶつけて、シーズン後半を棒に振らせたらしい。ほんと。ちょっとロクなことをしない(笑)


まぁ、そんなわけで、ブログ主damejimaは「連続試合ホームラン記録」そのものに、どうにも価値を見い出せない
そんなものを「歴代名場面集」に入れるくらいなら、なぜ1995年のランディ・ジョンソンのサイ・ヤング賞とかを入れないのか、と思ったりする。
マイク・キャメロンの4打席連続ホームランもどうだろう・・・な。もっと他のでいいだろ。ヘルナンデスの月間最優秀投手賞&オールスター初出場なんか、自分の中では非常にキラキラしている瞬間なのだが、なぜ入らない。(まぁ、もっとよほど大きな記録でないと入らないのは、わかってはいるが(笑))

さらに「親子でアベックホームラン」はどうなんだ?日曜午後の『新婚さんいらっしゃい』じゃあるまいし、ほのぼのとしている場合か。チームの歴史的場面とは全く思わないぞ。などと、ひとりでムッとしてみる。まぁ、それだけ、グリフィーのスター性が・・・、なんて、全く考えない。

「イチローのシーズン最多安打メジャー新記録達成」はランキングに入って当然だが、いかんせん、映像の編集がよくない。
イチローが打ったヒット数の、記録としての偉大もさることながら、映像としては、打った後に、チームメイト全員が試合を止めて祝福したこと、さらにその後で、イチローが、故人であるジョージ・シスラー氏のご遺族の方々と握手した「瞬間」、あの「瞬間」に、ベースボールというか、フィールド・オブ・ドリームスを強く感じるわけで、だな。
あの「握手の瞬間」を歴史的名場面の映像に入れないで、何を入れるんだろう。


とか、なんとか。
まぁやっぱり、こういうベスト10ものは、人によって意見が異なるのである(笑)こんなPrime9を、プライムとは、認めない(笑)。こんど、暇なときに、自分だけの名場面、最悪場面のそれぞれベスト10でも、発表することにしよう(笑)







Play Clean
日付表記はすべて
アメリカ現地時間です

Twitterボタン

アドレス短縮 http://bit.ly/
2020TOKYO
think different
 
  • 2014年10月31日、PARADE !
  • 2013年11月28日、『父親とベースボール』 (9)1920年代における古参の白人移民と新参の白人移民との間の軋轢 ヘンリー・フォード所有のThe Dearborn Independent紙によるレッドソックスオーナーHarry Frazeeへの攻撃の新解釈
  • 2013年11月8日、『父親とベースボール』 (8)20世紀初頭にアメリカ社会とMLBが経験した「最初の大衆化」を主導した「外野席の白人移民」の影響力 (付録:ユダヤ系移民史)
  • 2013年11月8日、『父親とベースボール』 (8)20世紀初頭にアメリカ社会とMLBが経験した「最初の大衆化」を主導した「外野席の白人移民」の影響力 (付録:ユダヤ系移民史)
  • 2013年11月8日、『父親とベースボール』 (8)20世紀初頭にアメリカ社会とMLBが経験した「最初の大衆化」を主導した「外野席の白人移民」の影響力 (付録:ユダヤ系移民史)
  • 2013年6月1日、あまりにも不活性で地味な旧ヤンキースタジアム跡地利用。「スタジアム周辺の駐車場の採算悪化」は、駐車場の供給過剰と料金の高さの問題であり、観客動員の問題ではない。
  • 2012年7月3日、『父親とベースボール』 (2)南北戦争100年後のアフリカ系アメリカ人の「南部回帰」と「父親不在」、そしてベースボールとの距離感。
  • 2012年7月3日、『父親とベースボール』 (2)南北戦争100年後のアフリカ系アメリカ人の「南部回帰」と「父親不在」、そしてベースボールとの距離感。
  • 2012年6月29日、『父親とベースボール』 (1)星一徹とケン・バーンズに学ぶ 『ベースボールにおける父親の重み』。
Categories
ブログ内検索 by Google
ブログ内検索 by livedoor
Thank you for visiting
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

free counters

by Month