March 17, 2011

このブログの本来の持ち味といえば、「歯に衣を着せぬモノ言い」とでもいうことになる(苦笑)
歯に衣を着せぬ、といっても、言いたい放題でやってきた、というつもりはまったくない。むしろ主張の根拠としてデータやロジックを常に示しながら主張してきたつもりだが、いずれにしても、いらぬ遠慮などしていては、物事がクリアにならない、という立場であることには変わりない。


この地震については、勉強不足も多々あるし、災害時に一定の慎みは求められるわけだから、どうしても、きつい物言いはしにくい。
だが、そんな生ぬるいことでは、こういうスタイルのブログをやってきた意味もない。今回の地震の対策ぶりで気になる点があるので、このブログらしいクチの悪さ、遠慮の無さを久しぶりに発揮して、発言してみたい。



問題にしたいのは
伝言、募金、支援物資の乱立と、それによる無駄な災害情報の氾濫である。
災害の規模があまりにも巨大すぎるだけに、震災関連情報も膨大になる。それはそれでやむをえないのだが、膨大すぎる情報は利用しにくい。
いま、本当に必要な人のもとに「情報」と「モノ」が届いていない。いくつか例を挙げてみたい。


数が多いわりに機能してない災害用伝言システム

災害用の伝言システムは、NTT東日本、携帯電話各社、Yahooなどのインターネットのポータルサイトだけでなく、ツイッターなどを見るかぎり、それ以外にも、さまざまな場所に用意されているらしい。
だが、被災者側から見て、これだけ乱立した伝言システムの状態は本当に利用しやすい状態だろうか?
こういう状態は、被災者に対して、たくさんの伝言システムを全てチェックでもしないかぎり、自分の探している人と連絡がとれない、という状況を強制していないだろうか?
(もちろん、もしこの指摘が単にブログ主の勉強不足、理解不足が原因なら、平身低頭して謝る。以下の記述についても同様である)
伝言システムを用意した側の好意は、好意として素晴らしい。だが、被災者には、全ての伝言システムを見て回ることができるだけの電源は無い。それどころか、通信手段そのものも用意されていない。移動基地局も少なすぎる。結果、あまりにたくさんの伝言システムが乱立しても、被災者はそのメリットを十分に活用できわけがない。
また、たとえば、ひとつの家族で、家族全員がドコモを利用しているわけではなく、「父親はau、母親はドコモ、子供はソフトバンク」というような場合だってあるだろう。そういう場合、どうするのか。

参考資料:報道発表資料 : 携帯電話事業者間における「災害用伝言板横断検索機能」の導入について | お知らせ | NTTドコモ
上記プレスリリースによれば、携帯会社の違いを越えたシステムを構築しようという動きはあるにはあるらしいのだが、それが実現できているというソースがどうもみつからない。


募金の乱立

募金も乱立している。これについては、伝言システムの乱立よりさらに強く疑問を感じる。
日本赤十字社をはじめ、マス・メディア、芸能人、スポーツ関連、街角の募金を自主的にすすめる人たち、NGO、NPO、さまざまな立場の人たちが、さまざまな場所で募金窓口を開設なさっているようだ。素晴らしいことである。
だが、募金(それも、特にマス・メディアの主催する募金)について思うのは、これだけたくさんの「窓口」が必要だとは思えない、ということ。また、数多くの募金システムを通じて集められる現金なりは、どういう経路で、誰に向かって使われるか、という疑念もある。被災地ごとに、募金の配布のバラつきが生じないものなのだろうか。

もしも、それぞれの募金の大半が、いったん全額が日本赤十字社にでも集められて、赤十字社なり政府が、被害を受けた地域ごとに、被害の程度に応じて配分するシステムにでもなっているのなら問題はない。
だが、もしもそうでないのなら、配布する人たちそれぞれの配布先がバラつくことによって、支援が地域によってバラついてしまうのではないのか。こんな混乱した状況だし、多少の混乱やバラつきはやむをえないが、募金による支援にあまりにも不公平感が出るのでは、いいわけがない。


被災者数と支援物資のアンバランス
避難所ごとの格差


高速道路を物資支援のトラックが走れるようになって、食料や、毛布、水など、さまざまな支援物資が現地に送られはじめているようだ。これについても、募金の乱立と似たような心配がある。

さまざまな自治体、企業、芸能人、スポーツ関連、NGO、NPO、さまざまなシステムを通じて集まった支援物資は、どういう経路で、どこに向かっっているのだろう。
自衛隊が、いちどどこかの拠点に集約して、行き先と届ける量を管理しているのなら、まだいい。
しかし、テレビで中継されている避難所や、特定の自治体が「特定の、仲のいい自治体」に向けてモノを送る、というような送り主の都合に左右されるようなバラバラな取り組みがあまりにも数多く起きてしまっているようだと、避難所ごとに届けられる物資に大きな格差ができてしまう。
簡単にいえば、ものすごく恵まれた避難所がある一方で、何もモノが届かない避難所がある、というような状態だ。これを避ける工夫が必要になりつつある、と思う。

自衛隊、被災地への物資輸送一元化・迅速化 (読売新聞) - Yahoo!ニュース


上に書いたような屁理屈はいい、じゃあ、おまえ、どうすればいいと思うのか?と、言われそうだから、思いつきで書いておく。


アナログな災害伝言システム

(今回は無理なのかもしれないが)各人が利用できるメディアは、避難者、避難所によって違う。各人が使っている携帯電話の会社の違いなど、差異に左右されることなく、被災者の伝言などを、なんらかの方法で集約し、整理し、届けるシステムが必要だ。現状の伝言ダイヤルは明らかに不十分だ。その結果、沢山の人が貴重なガソリンを使って、避難所全てを回って、壁の紙に書かれた伝言を見て回ったりして、家族や親族、友人を探そうとする。気持ちはよくわかる。
こうした伝言システムの不備に業を煮やしたテレビ局が、避難所を取材してほんの数人の伝言を中継しても、それはテレビ局の取材スタッフの自己満足にしかならない。それではせっかくのテレビという広域メディアを使う意味がない。

ブログ主がなにか作業をするときいつも心がけていることのひとつは、「これまでの経験の積み重ねから、ひと目見て、パッと段取りが頭に浮かぶのが普通だが、もし迷うようなことがあれば、そのときは、段取りをウジウジ考えて時間を無駄にしてはいけない。どんな段取りでもいいから、まず取り掛かる。そのほうが、結局早く作業が終わる」という法則がある。

この伝言システムの場合も、結局は「紙とマジック」で、現地で被災者に手で「自分の名前と住所、探したい人」を書いてもらい、「誰が、どこにいるのか」「誰を探しているのか」を集約する、なんていうアナログな方法こそ、確実という気もするのだ。
どんなシステムがいいのかを考えこむくらいなら、紙とマジックを自衛隊の方にでも全部の避難所に配って、お年寄りに書きこんでもらい、それを回収したほうが結局早い、と思えてならない部分があるのである。


募金窓口を減らす

全部の募金を一本化する必要はない。自由度は必要だ。
だが、せめて、日本国内の地上波のテレビ局や新聞社といった、マス・メディアの募金システムくらい、全部のテレビ局をとりまとめている民放連か、新聞連盟か、総務省かどこかが、とりまとめて「ひとつの募金名、ひとつの口座」にできないものか、と思う。
非常にたくさんの募金先があって、たくさんの銀行の口座番号が乱立していては、口座名情報が膨大になるばかりで、なんの意味もない。
加えて、募金の窓口をできるだけ減らすことには、怪しげな募金、募金詐欺を防ぐ、という意味もある。


モノを供給するより、
「ヒトを、被災地から遠い、インフラの完備した場所」に
移動することを基本にする


多くの被災者が食べているものは、いまだに「1食で、1個のパン」などというケースも多いらしく、とても栄養が足りているとは言えない。暖房も無い。
そうでありながら、被災者を救援する側は、応急処置として毎日毎日パンや水を大量に被災地に運ばなくてはならないのは言うまでもない。

だが、しかし。

何10万人もの人間の食事を確保しつづけることを前提にした救済システムには、そもそも無理がある
「他県に移動できる健康状態の被災者」は、政府で大型バスを大量に借り上げてでも、可能なら原発から遠い西日本へ、西日本が無理なら最低限関東以西の安全な場所に移送するシステムを作動させる必要がある、と思う。
また、放射能の脅威から身を守るために高速バスや飛行機などを利用して自主的に西に逃れる人が増えることにも意味があると思う。

被災地の人数が減ることは、被災地の避難所に供給しなければならない物資の総量が減ることを意味し、さらに、被災者ひとりあたりに配ることのできる物資の量が増えることを意味する。
簡単にいえば、避難所の人数が減れば「ひとり1日にパン1個」だったのが、「2個」食べられるようになるかもしれない。「ひとりあたり毛布1枚」だったのが、「ひとりあたり毛布2枚」にできるかもしれないということだ。

放射能を避ける意味で他県に行く人で、西日本などの他県には身寄りの無い人もいるだろう。そういう場合も、各県の官舎や公営住宅を開放するなり、各家庭が臨時のホームステイ先になるなりの方法で、日本中で分散して被災者を受け入れて、受け入れ側の負担を共有していく必要がある。

これだけの人数の人が同時に被災した天災は、日本でほとんどなかった。だから、これまでの災害のように、被災者に一時的に避難所の生活を続けてもらいながら、一方で仮設住宅の建設を待つ、という手法はまったく通用しないと考えるべきだと思う。
そんな手法では、とてもとても40万人もの人たちのために、暖房、暖かい食事、水、暖かいお風呂などを短期に確保することはできない、と思う。

「受け入れ」関連ニュース
「少しでも遠くへ」福島から6000人、県外へ (読売新聞) - Yahoo!ニュース

asahi.com(朝日新聞社):被災した透析患者受け入れ支援、都道府県に要請 厚労省 - 社会

【東日本大震災】横浜が被災者600人受け入れ、一部は市バスで輸送 - MSN産経ニュース

【東日本大震災】都立学校に被災生徒2万人受け入れ 東京都 - MSN産経ニュース

埼玉が5千人受け入れ スーパーアリーナに - 47NEWS(よんななニュース)

asahi.com : 被災者、公営住宅に受け入れへ 県や17市町が1千人 - マイタウン和歌山

東日本大震災:秋田県が被災者2万4000人受け入れ - 毎日jp(毎日新聞)

一時避難、10万7000人に対応可=自治体に広がる支援の輪―東日本大震災 (時事通信) - Yahoo!ニュース

東日本大震災:横手市が被災死者の火葬を受け入れへ 岩手県知事要請で /秋田 (毎日新聞) - Yahoo!ニュース


最悪の状況に置かれても「我慢」のできる日本人の国民性はたしかに素晴らしいし、他国から賞賛されれば面映い(おもはゆい)し、誇りにも思う。
だが、決断の遅い人を待っていることを、「我慢」と呼んではならないと強く思う。そんなのは我慢じゃない。

「考えてから走る」のでは遅い。
こういうとき必要なのは、
「走りながら考える」ことだ。






トラックバックURL


Play Clean
日付表記はすべて
アメリカ現地時間です

Twitterボタン

アドレス短縮 http://bit.ly/
2020TOKYO
think different
 
  • 2014年10月31日、PARADE !
  • 2013年11月28日、『父親とベースボール』 (9)1920年代における古参の白人移民と新参の白人移民との間の軋轢 ヘンリー・フォード所有のThe Dearborn Independent紙によるレッドソックスオーナーHarry Frazeeへの攻撃の新解釈
  • 2013年11月8日、『父親とベースボール』 (8)20世紀初頭にアメリカ社会とMLBが経験した「最初の大衆化」を主導した「外野席の白人移民」の影響力 (付録:ユダヤ系移民史)
  • 2013年11月8日、『父親とベースボール』 (8)20世紀初頭にアメリカ社会とMLBが経験した「最初の大衆化」を主導した「外野席の白人移民」の影響力 (付録:ユダヤ系移民史)
  • 2013年11月8日、『父親とベースボール』 (8)20世紀初頭にアメリカ社会とMLBが経験した「最初の大衆化」を主導した「外野席の白人移民」の影響力 (付録:ユダヤ系移民史)
  • 2013年6月1日、あまりにも不活性で地味な旧ヤンキースタジアム跡地利用。「スタジアム周辺の駐車場の採算悪化」は、駐車場の供給過剰と料金の高さの問題であり、観客動員の問題ではない。
  • 2012年7月3日、『父親とベースボール』 (2)南北戦争100年後のアフリカ系アメリカ人の「南部回帰」と「父親不在」、そしてベースボールとの距離感。
  • 2012年7月3日、『父親とベースボール』 (2)南北戦争100年後のアフリカ系アメリカ人の「南部回帰」と「父親不在」、そしてベースボールとの距離感。
  • 2012年6月29日、『父親とベースボール』 (1)星一徹とケン・バーンズに学ぶ 『ベースボールにおける父親の重み』。
Categories
ブログ内検索 by Google
ブログ内検索 by livedoor
Thank you for visiting
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

free counters

by Month