May 16, 2011

オフに、ミルウォーキーのGMダグ・メルビン(かつてシアトルの監督だったのは、ボブ・メルビンで別人)が09年サイヤング賞投手ザック・グレインキー、去年トロントで13勝したショーン・マーカム、ヤンキースなどからもオファーのあった斎藤隆をごっそり獲得してきて、今シーズンに投打とも万全の体勢で臨んだはずのミルウォーキーだが、なんやかんやで結局のところ、勝率が5割に届かず、借金は3(笑)。
チームに合計4人も3割バッターがいるこの状況で、この順位は恥ずかしいだろう。明らかに戦力の劣るパイレーツと勝率が並んでしまっている。

プリンス・フィルダーライアン・ブラウンといった不動のビッグネーム。大学時代2003年にゴールデン・スパイク賞を受賞して守備は下手だが打撃のいい二塁手リッキー・ウィークス(2003年ドラフト1位、全体2位)。去年メジャーデビューしてシーズン後半には正捕手に座り、今年も大活躍中の2年目キャッチャー、Jonathan Lucroyジョナサン・ルクロイ 2007年ドラフト3位、全体101位)も打撃好調。

常に人材不足のシアトルからしたら、誰か1人でいいから寄こせ、と言いたくなるだろう(笑)
(下記は、去年ローランドスミスが、ルーキーのジョナサン・ルクロイに3ランを打たれたときの記事)
ダメ捕手、城島健司。The Johjima Problem.:2010年6月25日、ストレートに球威もコントロールも無いのに、要所で突然ストレートを投げたがる「脳内剛速球投手」ローランドスミスのワンパターンな「ストレート病」。ホームラン2発で、試合は壊れた。
ジョナサン・ルクロイ
Jonathan Lucroy Statistics and History - Baseball-Reference.com
リッキー・ウィークス
Rickie Weeks Statistics and History - Baseball-Reference.com

そのミルウォーキーの監督Ron Roenickeロン・ローニック)は、カンザスシティからグレインキーの「おまけ」みたいに獲得した元マリナーズのユニスキー・ベタンコートのあまりの低出塁率にはやはり手を焼いているようで、記者から聞かれてこんな発言をした。

Can't Brewers coaches ask Betancourt to try taking some pitches?
"They have before, and he gets defensive and his at-bats aren't as good," Roenicke said. "That was the problem in Seattle; they approached him that way. Last year [in Kansas City], they didn't and he had a very good offensive year. They let him be himself."
Brewers sticking by Gomez and Betancourt | brewers.com: News

「もう少しベタンコートに待球でもするように、コーチから指導できないのか?」と聞かれたRon Roenickeが言うのは、こういう意味のことだ。
「アイツは、ほら、根っからの攻撃的スインガーだろ? あれこれ言って守りに入らせようとしたんじゃ、バットが湿っちまって、うまくいかないのさ。シアトルでは、それで失敗したわけだろ?
去年までいたカンザスシティは、シアトルとは違う指導方針で臨んで、ベタンコートには好きにやらせて、その結果、バッティングが再生したわけ。
もともと打撃のいい選手だから。まぁ、ちょっと時間かけてみていくしかないね。(俺だって、手を焼いてるのさ)」


うーむ・・・・・ぅ。
まぁ、まったくそのとおりだ。そのとおりではあるが、だ。
人から言われると、なんかむかつく(笑)反論できないのも悔しいので、ひとこと書いておく。


今年これだけの戦力を揃えたミルウォーキー。
もはやナ・リーグ中地区首位のシンシナティや、強豪アトランタにスイープされても、「しかたない」と言ってすませることは、もはや許される立場ではないことくらいは自覚すべきだろう。
まして、戦力がまだ十分でないワシントン・ナショナルズにすら、謎のスイープを食らっているようでは、とてもとても強いシンシナティやセントルイスを追い抜いて地区優勝、どころではない。

まるで、「ベタンコートが出塁しないから、ウチは勝てないのだ」とでもいわんばかりの「言い訳記事」は、恥ずかしいかぎりですぜ、ミルウォーキー。

C Jonathan Lucroy
1B Prince Fielder
2B Rickie Weeks
SS Yuniesky Betancour
3B Casey McGehee
LF Ryan Braun
CF Carlos Gomez
RF Mark Kotsay
2011 Milwaukee Brewers Batting, Pitching, & Fielding Statistics - Baseball-Reference.com

それにしても、ジョナサン・ルクロイかぁ・・・。最近好調のマット・ウィータースより大物感ある感じだし、できたらシアトルにくれないもんかね。くれないよな(苦笑)ヤンキースに行ったラッセル・マーティンも、ドジャースでは貧打のキャッチャーのイメージだったが、ニューヨークに行ったとたんホームラン打ちまくりか。うらやましぃ・・・・・。
まぁ、MLBのキャッチャーの地図は、世代交代で大きく塗り変わる時期に来ているので、そのへんのことも近く記事にしてみるつもり。








ハワイ移民150周年
No Ichiro, No watch.

Play Clean
日付表記はすべて
アメリカ現地時間です




Twitterボタン

アドレス短縮 http://bit.ly/
2020TOKYO
think different
 
  • 2014年10月31日、PARADE !
  • 2013年11月28日、『父親とベースボール』 (9)1920年代における古参の白人移民と新参の白人移民との間の軋轢 ヘンリー・フォード所有のThe Dearborn Independent紙によるレッドソックスオーナーHarry Frazeeへの攻撃の新解釈
  • 2013年11月8日、『父親とベースボール』 (8)20世紀初頭にアメリカ社会とMLBが経験した「最初の大衆化」を主導した「外野席の白人移民」の影響力 (付録:ユダヤ系移民史)
  • 2013年11月8日、『父親とベースボール』 (8)20世紀初頭にアメリカ社会とMLBが経験した「最初の大衆化」を主導した「外野席の白人移民」の影響力 (付録:ユダヤ系移民史)
  • 2013年11月8日、『父親とベースボール』 (8)20世紀初頭にアメリカ社会とMLBが経験した「最初の大衆化」を主導した「外野席の白人移民」の影響力 (付録:ユダヤ系移民史)
  • 2013年6月1日、あまりにも不活性で地味な旧ヤンキースタジアム跡地利用。「スタジアム周辺の駐車場の採算悪化」は、駐車場の供給過剰と料金の高さの問題であり、観客動員の問題ではない。
  • 2012年7月3日、『父親とベースボール』 (2)南北戦争100年後のアフリカ系アメリカ人の「南部回帰」と「父親不在」、そしてベースボールとの距離感。
  • 2012年7月3日、『父親とベースボール』 (2)南北戦争100年後のアフリカ系アメリカ人の「南部回帰」と「父親不在」、そしてベースボールとの距離感。
  • 2012年6月29日、『父親とベースボール』 (1)星一徹とケン・バーンズに学ぶ 『ベースボールにおける父親の重み』。
Categories
ブログ内検索 by Google
Google

livedoorブログ内検索
Thank you for visiting
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

free counters

by Month