June 20, 2011

これがプロなんです。「投球術」というやつなんです。


ジェイソン・バルガス、フィリーズ完封、おめでとう!!!!!
間違いなく、今シーズンのバルガスのベストゲーム。全119球、ストライク84球ボール35球。被安打3、四球2。特に、今のフィリーズ打線の核になっているジミー・ロリンズショーン・ビクトリーノのバットを完璧に抑えこんだのが、最大のポイントだろう。
球審は2009年オールスターの球審もつとめた経験のあるDana DeMuth。今日の彼のコールは非常に正確。素晴らしい投手戦を支えた影の立役者。


バルガス5勝目
いやっほぉおおおおおおおおおぉぉぉ!!!!!!!!!

拍手拍手拍手

Philadelphia Phillies at Seattle Mariners - June 19, 2011 | MLB.com Classic

今日は父の日だったから、スタジアムは子供連れで超満員。
そしてファンだけでなく、ジェイソン・バルガスの2人の娘さん、ブランドン・リーグの2人の娘さん、監督エリック・ウェッジの2人の子供たちはじめ、選手の子供たちが大勢スタジアムにやってきていた。(どういうわけか、選手の子供たちはほとんど「女の子」ばかりだった 笑)

ラリー・フライは、三つ子を連れたパパにプレゼントされたが、「ビッグパパ」バルガスは、フィリーを完封して、2人の娘たちに父の日の勝利をプレゼントした。

今日はイチメーターの人も、最後はいつもの「イチメーター」の看板を「Viva. Las. Vargas」ってプレートに持ち変えて、バルガスの完封を応援してた。


ほんとうにいい日曜日&父の日。
最高!







Play Clean
日付表記はすべて
アメリカ現地時間です

Twitterボタン

アドレス短縮 http://bit.ly/
2020TOKYO
think different
 
  • 2014年10月31日、PARADE !
  • 2013年11月28日、『父親とベースボール』 (9)1920年代における古参の白人移民と新参の白人移民との間の軋轢 ヘンリー・フォード所有のThe Dearborn Independent紙によるレッドソックスオーナーHarry Frazeeへの攻撃の新解釈
  • 2013年11月8日、『父親とベースボール』 (8)20世紀初頭にアメリカ社会とMLBが経験した「最初の大衆化」を主導した「外野席の白人移民」の影響力 (付録:ユダヤ系移民史)
  • 2013年11月8日、『父親とベースボール』 (8)20世紀初頭にアメリカ社会とMLBが経験した「最初の大衆化」を主導した「外野席の白人移民」の影響力 (付録:ユダヤ系移民史)
  • 2013年11月8日、『父親とベースボール』 (8)20世紀初頭にアメリカ社会とMLBが経験した「最初の大衆化」を主導した「外野席の白人移民」の影響力 (付録:ユダヤ系移民史)
  • 2013年6月1日、あまりにも不活性で地味な旧ヤンキースタジアム跡地利用。「スタジアム周辺の駐車場の採算悪化」は、駐車場の供給過剰と料金の高さの問題であり、観客動員の問題ではない。
  • 2012年7月3日、『父親とベースボール』 (2)南北戦争100年後のアフリカ系アメリカ人の「南部回帰」と「父親不在」、そしてベースボールとの距離感。
  • 2012年7月3日、『父親とベースボール』 (2)南北戦争100年後のアフリカ系アメリカ人の「南部回帰」と「父親不在」、そしてベースボールとの距離感。
  • 2012年6月29日、『父親とベースボール』 (1)星一徹とケン・バーンズに学ぶ 『ベースボールにおける父親の重み』。
Categories
ブログ内検索 by Google
ブログ内検索 by livedoor
Thank you for visiting
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

free counters

by Month