February 20, 2012

この冬、日本人プレーヤーの移籍が多かったせいもあって、たまに見かけることがあるのが、ノートレード条項だのなんだの、いわゆる野球選手の身分に関する権利についての単語。
だがブログ主は、何度も書いているように、ストーブリーグにあまり関心がないし、そもそもこういうMLBの複雑な仕組み自体が苦手分野だ(笑)


例えば、10 & 5 ruleというルールがあるが、どうもよくわからないことがある。
というのは、日本では、10 & 5 ruleと、一般的なトレード拒否権、この2つの異なるルールが混同されて扱われているように思えてならないのである。(しかも、そのことがどこにもハッキリ指摘されていない)

10 & 5 ruleは、「10フルシーズン以上メジャーのアクティブ・ロスター、つまり、25人枠に在籍した選手で、なおかつ、最近の5シーズン同じチームに在籍し続けている選手は、本人の同意なしにトレードすることはできない」というルールだ。

もう少し言い変えると、「10シーズン以上、それもフルシーズン、25人枠のロスター経験を積んで、しかも、同じチームに5年在籍している選手」のことを、ロスターやトレードのルール上の定義として特別に「ヴェテラン」と呼び、プレーヤーがこの「ヴェテランになってはじめて発生する、特別なトレード上の権利」のことを、10 & 5 ruleというのだ。


だから、10 & 5 ruleは、「誰でも彼でも、契約書に文言を盛り込みさえすれば効力が発生する、一般的なノートレード条項」とは、まったく別のルールだ、とブログ主は理解している。


例えば日本のWikiにおいて、10 & 5 ruleと、「一般的なノートレード条項」は、ノートレード条項という項目において、十分な区別のないまま、一緒くたに説明されてしまっている(ように見える)。

だが、アメリカのWikiでは違う。
下記資料が前半部・後半部とハッキリ分けて書かれていることからわかるように、いわゆる10 & 5 ruleと、選手とチームの契約に条項として盛り込むことで効力が発生する一般的なトレード拒否権は、「2つの異なるルール」として、きちんと分離されて説明されている。
また、これも重要な定義だが、10 & 5 ruleの適用に必要な10シーズンのアクティブロスター在籍という条件が、あくまで「フルシーズンでなければならないこと」も、日本のWikiは曖昧だが、アメリカのWikiにはきちんと明記されている。(太字はブログ側による)
If a player has been on an active major league roster for ten full seasons and on one team for the last five, he may not be traded to another team without his consent (known as the 10 & 5 rule).
Additionally, some players negotiate to have no-trade clauses in their contracts that have the same effect.
Major League Baseball transactions - Wikipedia, the free encyclopedia


しつこいが、いちおうもう一度書いておこう。

10 & 5 ruleというのは、(ブログ主の理解の範疇では)「10年、それもフルシーズン、メジャーのアクティブロスターに在籍して、しかも、5シーズン現在所属している同じチームでプレーしている『ヴェテラン』にだけ与えられる、特別なトレード拒否権」のことで、それを俗に10 & 5 ruleという。
この非常に特別なルールと、選手がチームとかわす契約に書き加えられることで効力が発生する「一般的なトレード拒否権」とは、両者に同じような効力が発生するにしても、このルールが成立した背後にあるMLB史やアメリカ史の重みは、まったく異なる次元のものだ。

10 & 5 ruleが成立した歴史的背景には、1966年から1982年までMLBPA(=メジャーリーグ選手会)会長をつとめたマービン・ミラーの足跡、あるいは1969年から72年まで争われた有名なカート・フラッド事件によるMLBの制度変更の経緯があるわけで、10 & 5 ruleは、こうした長いMLB史の中で培われてきたルールなのだ。
(カート・フラッド事件は、セントルイスに所属していたフラッドが、フィラデルフィアへのトレードを嫌がったことに端を発した事件で、最後は訴訟になり、形の上では選手会側が敗訴したものの、結果的には選手の権利の整備につながった)



10 & 5 ruleでいう「シーズン」とは、もちろん「フルシーズン」を意味するわけだが(このこと自体、日本のサイトではハッキリ表記されていないことも多い)、日本のWikiによると、「MLBにおけるフルシーズン」とは「アクティブロスター未登録の期間が、20日以内のシーズン」のことを指す、とある。
たしか先日決まったMLBとMLB選手会の新しい労使協定においては、近いうちに「フルシーズンの定義」そのものが変更になって、「A full season is defined as being on an active pro roster for at least 90 days in a season. アクティブロスターに少なくとも90日在籍していること」と、従来より緩和された定義になると思う。
だから、これまでは10年間もの長期にわたって活躍を続けてこれた、それも5年同じチームにいるごく限られた有名選手だけに適用されてきた10 & 5 ruleは、今後はもう少し広い範囲の選手に適用されるようになるんじゃないか、と思う。(だが正確なところは、今後のMLBのリリースで確かめる必要はある)


また、細かいことだが、ちょっと困ったことに、この10 & 5 rule、アメリカのいくつかのサイトで、5 & 10と、数字を逆にして表記している例がある。(ESPNのロブ・ナイアーなど)
厳密にどちらが正しいのかは調べてないが、このブログではいちおう、「10 & 5」という表記のほうを、「よりポピュラーな、より正しい表記」と考える。

10-5と表記する例

アメリカ版Wikiの項目、"Major League Baseball transactions"における表記例
the 10 & 5 rule
Major League Baseball transactions - Wikipedia, the free encyclopedia

アメリカ版Wikiの項目、"Trade (sports)"における表記例
the "Ten and Five" rule
Trade (sports) - Wikipedia, the free encyclopedia

アメリカ史をまとめたサイト"The People History"での「MLB史の概説」ページにおける表記例
the 10 and 5 rule
History of Major League Baseball From Early Beginnings to Current

英語圏で最も有名なイスラエル系百科事典サイト"Answer.com"での質問者の使用例
"ten and five rule"
What is the "ten and five rule"?: Information from Answers.com

逆に5-10と表記する例

ESPNのライター、Rob NeyerによるMLBの諸ルールの解説
注:5 & 10という表記はともかく、"Veteran Players"の項目におけるロスタールールの解説は、他のサイトより、ずっとよくまとまっている。
"the five-and-ten rule."
ESPN.com: MLB - Transactions Primer

MLBのトリビアをまとめたサイト"Recondite Baseball"における表記例
"Five-and-Ten" rule
Recondite Baseball: Five-and-Ten Players


もちろん言うまでもないことだが、この10 & 5 ruleが適用されるプレーヤーは、長期間にわたって安定した実績を残して長くメジャーに君臨することのできた、ごくわずかなプレーヤーに限られる。
イチローは今年MLB12年目のシーズンを迎え、野茂英雄さんのメジャー経験年数に並んだが、彼はこの10 & 5 ruleで厳密に定義される、真の意味の「ヴェテラン」であり、そんじょそこらのGMや監督にあれこれ言われるような安い存在ではない。
Copyright © 2012 damejima. All Rights Reserved.

ハワイ移民150周年
No Ichiro, No watch.

Play Clean
日付表記はすべて
アメリカ現地時間です




Twitterボタン

アドレス短縮 http://bit.ly/
2020TOKYO
think different
 
  • 2014年10月31日、PARADE !
  • 2013年11月28日、『父親とベースボール』 (9)1920年代における古参の白人移民と新参の白人移民との間の軋轢 ヘンリー・フォード所有のThe Dearborn Independent紙によるレッドソックスオーナーHarry Frazeeへの攻撃の新解釈
  • 2013年11月8日、『父親とベースボール』 (8)20世紀初頭にアメリカ社会とMLBが経験した「最初の大衆化」を主導した「外野席の白人移民」の影響力 (付録:ユダヤ系移民史)
  • 2013年11月8日、『父親とベースボール』 (8)20世紀初頭にアメリカ社会とMLBが経験した「最初の大衆化」を主導した「外野席の白人移民」の影響力 (付録:ユダヤ系移民史)
  • 2013年11月8日、『父親とベースボール』 (8)20世紀初頭にアメリカ社会とMLBが経験した「最初の大衆化」を主導した「外野席の白人移民」の影響力 (付録:ユダヤ系移民史)
  • 2013年6月1日、あまりにも不活性で地味な旧ヤンキースタジアム跡地利用。「スタジアム周辺の駐車場の採算悪化」は、駐車場の供給過剰と料金の高さの問題であり、観客動員の問題ではない。
  • 2012年7月3日、『父親とベースボール』 (2)南北戦争100年後のアフリカ系アメリカ人の「南部回帰」と「父親不在」、そしてベースボールとの距離感。
  • 2012年7月3日、『父親とベースボール』 (2)南北戦争100年後のアフリカ系アメリカ人の「南部回帰」と「父親不在」、そしてベースボールとの距離感。
  • 2012年6月29日、『父親とベースボール』 (1)星一徹とケン・バーンズに学ぶ 『ベースボールにおける父親の重み』。
Categories
ブログ内検索 by Google
Google

livedoorブログ内検索
Thank you for visiting
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

free counters

by Month