April 01, 2012

2011カレッジ・ワールドシリーズ ロゴ

今年も、6月恒例のカレッジ・ワールドシリーズ(=全米大学野球選手権)の季節が近づいてきた。

去年はジャスティン・スモークの母校サウスカロライナ大学が決勝でフロリダ大学を下し、2連覇を達成したわけだが、サウスカロライナを優勝に導いたエースMichael Rothの個性的な投球フォームを準決勝くらいに見て、すっかり気に入ってしまった。
去年は、彼のオヤジさんが「仕事を休んで息子の晴れ姿を応援したい」と勤め先に申し出たところ、会社は父上を即刻クビにしてしまい、たくさんの抗議電話が会社に殺到した、なんていう、ほのぼのした事件があったわけだが、父さんの仕事はその後どうなったのだろう?(笑)(この事件はもちろんMichael RothのWikiにもちゃんと載っている)

ダメ捕手、城島健司。The Johjima Problem.:2011年6月21日、今月末に決まる2011カレッジ・ワールドシリーズの行方と、近年のカレッジ・ベースボールの勢力地図の「大西洋岸シフト」。

ダメ捕手、城島健司。The Johjima Problem.:2011年6月24日、体調の悪いダニー・ハルツェンを3イニングしか使えなかったヴァージニアが敗れ、CWS決勝カードはフロリダ対サウスカロライナに。ちょっとユニークなピッチング・スタイルのMichael Rothと、彼の父親との絆。

ダメ捕手、城島健司。The Johjima Problem.:2011年6月28日、サウスカロライナ大学、カレッジ・ワールドシリーズ2連覇。先発Michael Roth、父親の応援に報いる。

Michael Roth (South Carolina)
Michael Rothは、去年31巡目(全体938番目)でクリーブランド・インディアンスに指名されたが、サインしなかった。そりゃ、カレッジ・ワールドシリーズ優勝投手としては、そんな順位でサインするわけにはいかない。
31st Round of the 2011 MLB June Amateur Draft - Baseball-Reference.com
今年版のランキングでみると、彼の評価は全米4位と、うなぎ上り。今秋のMLBドラフトでは、去年とは全く違って、かなり上位での指名を受けることになるだろう。(ただ、こういうランキングはどうせコロコロ変わるから、いま細かい順位を気にしても意味がない)
Top 100 Countdown: 4. Michael Roth (South Carolina)

collegebaseballdaily.comによる
2012 Top 100 College Baseball Players

2012 Top 100 College Baseball Players
1. Mark Appel (Stanford)
2. Mike Zunino (Florida)
3. Deven Marrero (Arizona State)
4. Michael Roth (South Carolina)
5. Victor Roache (Georgia Southern)
6. Marcus Stroman (Duke)
7. Stephen Piscotty (Stanford)
8. Peter O’Brien (Miami, Fl)
9. Hudson Randall (Florida)
10. Kurt Heyer (Arizona)


チーム別にみると、今年の優勝候補は、長打が魅力のキャッチャーMike Zuninoを擁する優勝常連校フロリダ、全米ドラフト全体1位指名候補と言われているピッチャーMark Appelを擁するスタンフォード、アーカンサス、フロリダ州立、ダスティン・アックリーの母校ノースカロライナなどとなっていて、いずれも例年優勝候補に名前が挙がる学校ばかりだ。(エースダニー・ハルツェンの抜けたヴァージニアはガクンとチーム力が落ちてしまい、圏外。今年のカレッジ・ワールドシリーズに顔を出すのは難しい)
今年は、判官贔屓の意味で、カレッジ・ワールドシリーズに一度も出たことがないケンタッキーに頑張って初出場を達成してもらいたいものだ。

2012年3月25日付 カレッジ・ベースボールランキング
by USA TODAY/ESPN

NCAA College Rankings and Polls - ESPN
USA TODAY/ESPN 2012カレッジ・ベースボール ランキング


順当にいくと、今年の全米ドラフトで全体1位指名権をもつヒューストン・アストロズが指名するのは、スタンフォードのMark Appel投手ということになる可能性があるが、なんでも、NFLドラフトでも、全体1位候補は同じスタンフォードのエース・クオーターバック、Andrew Luckという選手らしい。
もしこの2選手がMLBとNFLで同時に全体1位指名されると、同じ学校からのMLB、NFLドラフト全体1位指名は、史上初の出来事になるらしい。
ちなみに、ブログ主の感想では、Mark Appelがそれほどいいピッチャーとも思えない。なんと言ったらいいか、キレがない。よほどMichael Rothのほうがいい。
【MLB】スタンフォード大学からMLBとNFL両方でドラフト全体1位指名なるか? | 野球新聞


サウスカロライナを率いるのは、今年もレイ・タナーだが、今年の戦績は、あまり芳しくない。Michael Rothだけの頑張りで優勝できるほど、カレッジ・ワールドシリーズは甘くないわけだが、それでもまぁ、今年のドラフトに向けて彼も必死だろうから、頑張ってもらいたいものだ。
2-time College World Series winner South Carolina opens Southeastern Conference play 1-5 - The Washington Post


第38回 日米大学野球選手権大会
最初のゲームで先発したMark Appel
(2011年7月3日 ノースカロライナ州ダーラム)



今年2月のプレシーズンマッチでの
Mike Zuninoのホームラン



Play Clean
日付表記はすべて
アメリカ現地時間です

Twitterボタン

アドレス短縮 http://bit.ly/
2020TOKYO
think different
 
  • 2014年10月31日、PARADE !
  • 2013年11月28日、『父親とベースボール』 (9)1920年代における古参の白人移民と新参の白人移民との間の軋轢 ヘンリー・フォード所有のThe Dearborn Independent紙によるレッドソックスオーナーHarry Frazeeへの攻撃の新解釈
  • 2013年11月8日、『父親とベースボール』 (8)20世紀初頭にアメリカ社会とMLBが経験した「最初の大衆化」を主導した「外野席の白人移民」の影響力 (付録:ユダヤ系移民史)
  • 2013年11月8日、『父親とベースボール』 (8)20世紀初頭にアメリカ社会とMLBが経験した「最初の大衆化」を主導した「外野席の白人移民」の影響力 (付録:ユダヤ系移民史)
  • 2013年11月8日、『父親とベースボール』 (8)20世紀初頭にアメリカ社会とMLBが経験した「最初の大衆化」を主導した「外野席の白人移民」の影響力 (付録:ユダヤ系移民史)
  • 2013年6月1日、あまりにも不活性で地味な旧ヤンキースタジアム跡地利用。「スタジアム周辺の駐車場の採算悪化」は、駐車場の供給過剰と料金の高さの問題であり、観客動員の問題ではない。
  • 2012年7月3日、『父親とベースボール』 (2)南北戦争100年後のアフリカ系アメリカ人の「南部回帰」と「父親不在」、そしてベースボールとの距離感。
  • 2012年7月3日、『父親とベースボール』 (2)南北戦争100年後のアフリカ系アメリカ人の「南部回帰」と「父親不在」、そしてベースボールとの距離感。
  • 2012年6月29日、『父親とベースボール』 (1)星一徹とケン・バーンズに学ぶ 『ベースボールにおける父親の重み』。
Categories
ブログ内検索 by Google
ブログ内検索 by livedoor
Thank you for visiting
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

free counters

by Month