April 26, 2012

似ている人(イチローと忌野清志郎)

久しぶりにイチローと、同じ2001年MLBデビューで仲のいいアルバート・プーホールズの2人がゲーム中におしゃべりしている動画を見てたら、ふと「なんか、このときのイチロー、誰かに似てる。誰だろう・・・?」と思って考えたら、なんのことはない、ステージメイクをしてない、素顔のときの忌野清志郎にソックリなのだった。

永遠の野球小僧イチローと、音楽小僧(というか、R&B小僧)忌野清志郎の2人の顔が似る瞬間があることに、ずっとこの2人のファンをやってきているクセして、なぜ今まで気がつかなかったんだろう。



(ちなみに上の動画のイチローとプーホールズの会話は、2010年6月16日セントルイスのブッシュ・スタジアムで行われたシアトル対セントルイス戦の8回表に、イチローがこの2本目のヒットを打ち、ピッチャーがワンポイントで使われた左腕デニス・レイエスから、右のジェイソン・モットに変わるまでの、ごく短い時間に行われた。
Seattle Mariners at St. Louis Cardinals - June 16, 2010 | MLB.com Gameday



「破顔」という言葉がある。
「普段の固い表情を崩し、ほころんだ笑顔を見せる」とでもいう意味だ。

第2回WBC決勝で2点タイムリーを打った直後の2塁ベース上の表情などもそうだが、普段のイチローは厳しい顔をしていることが多く、「破顔する」ことはあまりない。また、ステージ上の忌野清志郎も派手にメイクアップして尖がっている。

舞台上(グラウンド、ステージ)で見せる彼らの尖った表情は、アメリカの文化(ベースボール、オーティス・レディング)の影響を出発点に、なりふり構わず自分の道を突進し続けた猛犬か猪のような自分、そして、アメリカ文化の影響を突き抜けた場所に見出した自分固有のスタイルで「一球一音」に自分の存在感と命を賭し続けるギリギリの自分だ。

だが、破顔した彼らの顔は、日頃は奥にしまいこまれている、もうひとりの穏やかな「小僧の顔」に戻っている。だから似るのだろうと思う。


野球小僧

作詞:佐伯孝夫
作曲:佐々木俊一
歌:灰田勝彦

野球小僧に 逢ったかい
男らしくて 純情で
燃えるあこがれ グランドで
じっと見てたよ 背番号
僕のようだね 君のよう
オオ マイ・ボーイ
ほがらかな ほがらかな
野球小僧

野球小僧は 腕自慢
すごいピッチャーで バッターで
街の空地じゃ 売れた顔
運がよければ ルーキーに
僕のようだね 君のよう
オオ マイ・ボーイ
ほがらかな ほがらかな
野球小僧

野球小僧が なぜくさる
泣くな野球の 神様も
たまにゃ三振 エラーもする
ゲームすてるな がんばろう
僕のようだね 君のよう
オオ マイ・ボーイ
ほがらかな ほがらかな
野球小僧

動画:http://youtu.be/9durJiqeWLAなど





Play Clean
日付表記はすべて
アメリカ現地時間です

Twitterボタン

アドレス短縮 http://bit.ly/
2020TOKYO
think different
 
  • 2014年10月31日、PARADE !
  • 2013年11月28日、『父親とベースボール』 (9)1920年代における古参の白人移民と新参の白人移民との間の軋轢 ヘンリー・フォード所有のThe Dearborn Independent紙によるレッドソックスオーナーHarry Frazeeへの攻撃の新解釈
  • 2013年11月8日、『父親とベースボール』 (8)20世紀初頭にアメリカ社会とMLBが経験した「最初の大衆化」を主導した「外野席の白人移民」の影響力 (付録:ユダヤ系移民史)
  • 2013年11月8日、『父親とベースボール』 (8)20世紀初頭にアメリカ社会とMLBが経験した「最初の大衆化」を主導した「外野席の白人移民」の影響力 (付録:ユダヤ系移民史)
  • 2013年11月8日、『父親とベースボール』 (8)20世紀初頭にアメリカ社会とMLBが経験した「最初の大衆化」を主導した「外野席の白人移民」の影響力 (付録:ユダヤ系移民史)
  • 2013年6月1日、あまりにも不活性で地味な旧ヤンキースタジアム跡地利用。「スタジアム周辺の駐車場の採算悪化」は、駐車場の供給過剰と料金の高さの問題であり、観客動員の問題ではない。
  • 2012年7月3日、『父親とベースボール』 (2)南北戦争100年後のアフリカ系アメリカ人の「南部回帰」と「父親不在」、そしてベースボールとの距離感。
  • 2012年7月3日、『父親とベースボール』 (2)南北戦争100年後のアフリカ系アメリカ人の「南部回帰」と「父親不在」、そしてベースボールとの距離感。
  • 2012年6月29日、『父親とベースボール』 (1)星一徹とケン・バーンズに学ぶ 『ベースボールにおける父親の重み』。
Categories
ブログ内検索 by Google
ブログ内検索 by livedoor
Thank you for visiting
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

free counters

by Month