May 30, 2012

2011カレッジ・ワールドシリーズ ロゴいよいよ2012カレッジ・ワールドシリーズの組み合わせが決まった。
NCAA Division I Baseball Championship Bracket - NCAA.com
Regional(=カレッジ・ワールドシリーズ地区予選)でシードされるホスト校は、全米ランキング上位校から16校が選ばれるが、大西洋岸のACC(Atlantic Coast Conference)から、フロリダ州立、ノースカロライナ、ノースカロライナ州立、ヴァージニア、マイアミと、最多の5校が選ばれ、カレッジベースボールの中心エリアが、かつての太平洋岸から、急激に大西洋岸にシフトしつつある近年のトレンドを、あらためて示す結果になった。

ただ今年は、去年のカレッジ・ワールドシリーズ本戦出場すらできなかったルイジアナ、UCLAといった、かつて優勝経験のあるACC以外のカンファレンスの強豪校がランキング上位の座を奪還しているので、今年のカレッジ・ワールドシリーズはなかなか面白そうだ。
(昨年の本戦出場校は、ノースカロライナ、ヴァンダービルト、テキサス、フロリダ、カリフォルニア、ヴァージニア、サウスカロライナ、テキサスA&M)
ダメ捕手、城島健司。The Johjima Problem.:2011年6月21日、今月末に決まる2011カレッジ・ワールドシリーズの行方と、近年のカレッジ・ベースボールの勢力地図の「大西洋岸シフト」。

NCAAランキング
NCAA Division I Baseball Rankings - NCAA.com

ESPNのランキング
NCAA College Rankings and Polls - ESPN

Baseball Americaのランキング
BaseballAmerica.com: College: Top 25 Rankings


5月29日現在のNCAAランキングは、以下の通り。

1. UCLA  (9位→2位)
2. Florida
3. Florida St.
4. Baylor  (23位→4位)
5. North Carolina
6. Oregon  (16位→5位)
7. LSU  (14位→7位)
8. Purdue
(カッコ内は、Baseball Americaにおける3月末ランキング順位→5月末ランキング順位の変動。ACCの安定ぶりと、ACC以外の地区の変動が激しいことがわかる)


Baseball AmericaのTop25ランキングの3月から5月への変遷をみてみると、Mark Appelを擁するPac-12のスタンフォードが上位ランキングから姿を消してしまい、また、3月当時は絶好調だったSoutheasternのダークホース、ケンタッキーも成績を落としてホスト校には選ばれなかった。
かわりにPac-12のUCLAとオレゴン、Southeasternのルイジアナが急激に上昇した。
BaseballAmerica.com: College: Top 25 Rankings: College Top 25: May 28


ACCの安定ぶりが今年も見られるのか、
それとも、他地区の巻き返しなるか。

6月15日から予定されている2012カレッジ・ワールドシリーズ本戦に向けたRegional(地区予選)が、いよいよ6月1日から始まる。


Play Clean
日付表記はすべて
アメリカ現地時間です

Twitterボタン

アドレス短縮 http://bit.ly/
2020TOKYO
think different
 
  • 2014年10月31日、PARADE !
  • 2013年11月28日、『父親とベースボール』 (9)1920年代における古参の白人移民と新参の白人移民との間の軋轢 ヘンリー・フォード所有のThe Dearborn Independent紙によるレッドソックスオーナーHarry Frazeeへの攻撃の新解釈
  • 2013年11月8日、『父親とベースボール』 (8)20世紀初頭にアメリカ社会とMLBが経験した「最初の大衆化」を主導した「外野席の白人移民」の影響力 (付録:ユダヤ系移民史)
  • 2013年11月8日、『父親とベースボール』 (8)20世紀初頭にアメリカ社会とMLBが経験した「最初の大衆化」を主導した「外野席の白人移民」の影響力 (付録:ユダヤ系移民史)
  • 2013年11月8日、『父親とベースボール』 (8)20世紀初頭にアメリカ社会とMLBが経験した「最初の大衆化」を主導した「外野席の白人移民」の影響力 (付録:ユダヤ系移民史)
  • 2013年6月1日、あまりにも不活性で地味な旧ヤンキースタジアム跡地利用。「スタジアム周辺の駐車場の採算悪化」は、駐車場の供給過剰と料金の高さの問題であり、観客動員の問題ではない。
  • 2012年7月3日、『父親とベースボール』 (2)南北戦争100年後のアフリカ系アメリカ人の「南部回帰」と「父親不在」、そしてベースボールとの距離感。
  • 2012年7月3日、『父親とベースボール』 (2)南北戦争100年後のアフリカ系アメリカ人の「南部回帰」と「父親不在」、そしてベースボールとの距離感。
  • 2012年6月29日、『父親とベースボール』 (1)星一徹とケン・バーンズに学ぶ 『ベースボールにおける父親の重み』。
Categories
ブログ内検索 by Google
ブログ内検索 by livedoor
Thank you for visiting
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

free counters

by Month