June 05, 2012

恒例の全米ドラフトが始まった。
13巡目指名のホワイトソックスまでに、既に約半数の6球団 18巡目のドジャースまでに、半数以上の10球団が、高校生を指名今年の大学生のかなり極端な不作ぶりが決定的になった。この不作の年に大学生を1位指名した球団のうち、どこかは確実に泣きを見ることになりそうだ。

ちなみに、最近このブログ一押しのGMダン・デュケットは、1巡目で、復活しつつある古豪ルイジアナの右腕Kevin Gausmanを指名。選手を集める手腕の高さに定評のあるデュケットの指名だけに、不作の年の大学生指名とはいえ、気になるところ。
Draft Day 1: Pick-by-pick selections | MLB.com: News

このMLBの「大学生に対する無関心ぶり」には、今年から始まるドーピングの血液検査も、もちろん関係してるんだろう、と想像している。
ブログ主は、いくらなんでも大学なんだからステロイドが蔓延してないなんて、アメリカ野球について思ったことは、一度たりともない。
近年流行した「大西洋岸エリアの大学生に期待する時代」が永遠に続くなんて思ってる人がいるとしたら、それは非常に笑える(笑)

ハッキリ言わせてもらえば、今後ともアメリカ国内でのステロイド蔓延が続くようなら、アメリカ国内のステロイダーは使いづらくなるだろうし、その一方で、アメリカ国内でステロイド使用が自粛されれば、されたで、アメリカ国内の選手に対する期待は下がっていく、という意味で、どちらにしても、国内の選手がMLBに占める相対的な比重は、ますます軽くなっていくと読んでいる。
ダメ捕手、城島健司。The Johjima Problem.:2012年4月5日、MLBのロスターの3.5人にひとりは、メインランド(アメリカ大陸の50州)以外の出身選手、というESPNの記事を読む。(出身国別ロスター数リスト付)

シアトル・マリナーズ? さぁね。どうでもいいよ(笑)
マイケル・ピネダと交換に若いヘスス・モンテーロ獲ったのに、わざわざ大学生の、それもキャッチャー指名してるんだから、開いたクチがふさがらないね(笑) 最近のルイジアナやオクラホマの復活ぶりにも、まるで目配りしてないみたいだし、ホント、こんなメディアの評判ばかり気にしてるミーハー球団、どうでもいい(笑)
かつての全米1位ジェフ・クレメントの例でもわかるように、どんな有能な人材だろうと無意味なトレーニングで潰すだけしか能がないロジャー・ハンセンを懲りもせずスタッフに抱え続けてるチームに、キャッチャーをマトモに育てられるわけがない。
ダメ捕手、城島健司。The Johjima Problem.:ロジャー・ハンセン



スタンフォードのMark Appelについては2か月も前にツイートしたが、予想通りになった。全米1位と噂され続けたにもかかわらず、結局全米8位でピッツバーグ。いかに若手マニア君たちとメディアの予想がアテにならないかが、よくわかる(笑)
そりゃそうだ。ピッツバーグには申し訳ないが、彼のもともとのコントロールの悪さ、最近のスタンフォードの戦績の低下ぶり、カレッジ・ワールドシリーズ直前のスタンフォードのもたつきぶりと、ランキングのガタ落ちぶり。どこを見ても、好材料なんてなかった。


以下、太字は高校生
1. Houston Astros: SS Carlos Correa, Puerto Rico Baseball Academy

2. Minnesota Twins: OF Byron Buxton, Appling County HS (Ga.)

3. Seattle Mariners: C Mike Zunino, Florida

4. Baltimore Orioles: RHP Kevin Gausman, LSU

5. Kansas City Royals: RHP Kyle Zimmer, San Francisco

6. Chicago Cubs: OF Albert Almora, Mater Academy (Fla.)

7. San Diego Padres: LHP Max Fried, Harvard-Westlake HS (Calif.)

8. Pittsburgh Pirates: RHP Mark Appel, Stanford

9. Miami Marlins: LHP Andrew Heaney, Oklahoma St.

10. Colorado Rockies: OF David Dahl, Oak Mountain HS (Ala.)

11. Oakland Athletics: SS Addison Russell, Pace HS (Fla.)

12. New York Mets: SS Gavin Cecchini, Barbe HS (La.)

13. Chicago White Sox: OF Courtney Hawkins, Carroll HS (Texas)

14. Cincinnati Reds: RHP Nick Travieso, Archbishop McCarthy HS (Fla.)

15. Cleveland Indians: OF Tyler Naquin, Texas A&M

16. Washington Nationals: RHP Lucas Giolito, Harvard-Westlake HS (Calif.)

17. Toronto Blue Jays: OF D.J. Davis, Stone County HS (Miss.)

18. Los Angeles Dodgers: SS Corey Seager, Northwest Cabarrus HS (N.C.)

19. St. Louis Cardinals: RHP Michael Wacha, Texas A&M (Compensation for A. Pujols - LAA)


20. San Francisco Giants: RHP Chris Stratton, Mississippi St.

21. Atlanta Braves: RHP Lucas Sims, Brookwood HS (Ga.)

22. Toronto Blue Jays: RHP Marcus Stroman, Duke (Compensation for T. Beede - unsigned)


Play Clean
日付表記はすべて
アメリカ現地時間です

Twitterボタン

アドレス短縮 http://bit.ly/
2020TOKYO
think different
 
  • 2014年10月31日、PARADE !
  • 2013年11月28日、『父親とベースボール』 (9)1920年代における古参の白人移民と新参の白人移民との間の軋轢 ヘンリー・フォード所有のThe Dearborn Independent紙によるレッドソックスオーナーHarry Frazeeへの攻撃の新解釈
  • 2013年11月8日、『父親とベースボール』 (8)20世紀初頭にアメリカ社会とMLBが経験した「最初の大衆化」を主導した「外野席の白人移民」の影響力 (付録:ユダヤ系移民史)
  • 2013年11月8日、『父親とベースボール』 (8)20世紀初頭にアメリカ社会とMLBが経験した「最初の大衆化」を主導した「外野席の白人移民」の影響力 (付録:ユダヤ系移民史)
  • 2013年11月8日、『父親とベースボール』 (8)20世紀初頭にアメリカ社会とMLBが経験した「最初の大衆化」を主導した「外野席の白人移民」の影響力 (付録:ユダヤ系移民史)
  • 2013年6月1日、あまりにも不活性で地味な旧ヤンキースタジアム跡地利用。「スタジアム周辺の駐車場の採算悪化」は、駐車場の供給過剰と料金の高さの問題であり、観客動員の問題ではない。
  • 2012年7月3日、『父親とベースボール』 (2)南北戦争100年後のアフリカ系アメリカ人の「南部回帰」と「父親不在」、そしてベースボールとの距離感。
  • 2012年7月3日、『父親とベースボール』 (2)南北戦争100年後のアフリカ系アメリカ人の「南部回帰」と「父親不在」、そしてベースボールとの距離感。
  • 2012年6月29日、『父親とベースボール』 (1)星一徹とケン・バーンズに学ぶ 『ベースボールにおける父親の重み』。
Categories
ブログ内検索 by Google
ブログ内検索 by livedoor
Thank you for visiting
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

free counters

by Month