June 10, 2012

猪口日本では節句それぞれに独特の行事がある。季節や区切りというものを意識しながら暮らしていくのが、四季の推移の中で暮らしていく日本の暮らしというものだ。
たとえば新しい季節の始まりの日(立春・立夏・立秋・立冬)の前日を節分といい、季節の変わり目には邪気が現れるともいわれ、それを追い払う為に豆がまかれたりする。
変わり目は単なる通過点でしかないのは確かだから、大つごもりのように丸めた餅を飾るまでのことを毎度していては大袈裟だが(笑)、必要と感じたならお払いしてもいい。節目にお払いをする行為はきちんと日本の古式にかなったふるまいだからだ。

もちろん祝いたいなら誰に遠慮することなく
好きなだけ祝えばいい。
ただ、なにも祝うだけが節目ではない。
区切り、というものを、何事もなく無事にやり過ごせることも
とても大事なことなのだ。


イチロー、2012年6月9日のドジャース戦で、クレイトン・カーショーから初回に打った今シーズン66本目のヒットで、日米通算安打は3772本。これで順調にハンク・アーロンの3771本を越え、あとはタイ・カッブピート・ローズだけが上にいる。

Los Angeles Dodgers at Seattle Mariners - June 9, 2012 | MLB.com Classic

2012年6月9日イチロー日米通算安打3772本ハンクアーロン越え


さあ。
酒を地に撒いて邪気を払ったら、ひとくち、口に含んで
新しい目標に出発だ。

土俵開き


ハワイ移民150周年
No Ichiro, No watch.

Play Clean
日付表記はすべて
アメリカ現地時間です




Twitterボタン

アドレス短縮 http://bit.ly/
2020TOKYO
think different
 
  • 2014年10月31日、PARADE !
  • 2013年11月28日、『父親とベースボール』 (9)1920年代における古参の白人移民と新参の白人移民との間の軋轢 ヘンリー・フォード所有のThe Dearborn Independent紙によるレッドソックスオーナーHarry Frazeeへの攻撃の新解釈
  • 2013年11月8日、『父親とベースボール』 (8)20世紀初頭にアメリカ社会とMLBが経験した「最初の大衆化」を主導した「外野席の白人移民」の影響力 (付録:ユダヤ系移民史)
  • 2013年11月8日、『父親とベースボール』 (8)20世紀初頭にアメリカ社会とMLBが経験した「最初の大衆化」を主導した「外野席の白人移民」の影響力 (付録:ユダヤ系移民史)
  • 2013年11月8日、『父親とベースボール』 (8)20世紀初頭にアメリカ社会とMLBが経験した「最初の大衆化」を主導した「外野席の白人移民」の影響力 (付録:ユダヤ系移民史)
  • 2013年6月1日、あまりにも不活性で地味な旧ヤンキースタジアム跡地利用。「スタジアム周辺の駐車場の採算悪化」は、駐車場の供給過剰と料金の高さの問題であり、観客動員の問題ではない。
  • 2012年7月3日、『父親とベースボール』 (2)南北戦争100年後のアフリカ系アメリカ人の「南部回帰」と「父親不在」、そしてベースボールとの距離感。
  • 2012年7月3日、『父親とベースボール』 (2)南北戦争100年後のアフリカ系アメリカ人の「南部回帰」と「父親不在」、そしてベースボールとの距離感。
  • 2012年6月29日、『父親とベースボール』 (1)星一徹とケン・バーンズに学ぶ 『ベースボールにおける父親の重み』。
Categories
ブログ内検索 by Google
Google

livedoorブログ内検索
Thank you for visiting
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

free counters

by Month