July 28, 2012

49.571人。2時間41分のショーが終わった。

イチローのニューヨークデビュー、ボストン戦は、10-3でヤンキース圧勝。
Boston Red Sox at New York Yankees - July 27, 2012 | MLB.com Box

Catch newly acquired Yankees outfielder Ichiro Suzuki while you can before he hits Cooperstown - NY Daily News

以下はイチローファンにとって常識のような光景ではあるが、こうしてきちんと、それも流麗に書奇残しておいてくれるニューヨークのメディアには感謝せざるをえない。
Ichiro Suzuki is in constant motion in the outfield. Even between pitches, he can been seen stretching his legs and making phantom throws as he seemingly loosens every joint in his body in preparation for the next play.
イチロー・スズキは外野で常に動いている。ピッチャーの投球の間ですら、彼はずっと足のストレッチや、Phantom throwをして(ブログ注:「シャドー・スローイングをしている」とか訳してもいいのだが、和製英語を増やしたくないので、あえて原文のままにする)、次のプレーに備えて身体のあらゆる関節をリラックスさせている。
by David Waldstein , New York Times電子版
Yankees Hammer Red Sox in Suzuki’s Home Debut - NYTimes.com


2012年7月27日NY Times電子版 Baseballページ トップ画面
 2012年7月27日New York Times電子版
 Baseballページ トップ

ツイートしておいたように、49.571人って観客数は、2012年4月13日のLAA戦の49,386人、2012年6月10日のNYM戦49,010人を抜いて、今シーズン最高の観客動員数
2012 New York Yankees Schedule, Box Scores and Splits - Baseball-Reference.com
ちなみに、2012年のヤンキースの観客動員数は、前日の時点で2,007,752人、1試合あたり42,718人。これは去年の同じゲーム数時点(2,078,166人、1試合あたり44,216人)と比較すると、約7万人の減少となっている。
Change in Baseball Attendance 2011 to 2012 - Baseball-Reference.com

2011年のレギュラーシーズンの観客数を見ると、9月24日のボストン戦が49,556人で、これが2011年の最高のようだから、今日の49.571人は、去年の最高観客数をわずかながら上回ったことになる。
2011 New York Yankees Schedule, Box Scores and Splits - Baseball-Reference.com
2010年は、8月7日の49,716人が最高のようで、今日の観客数はそれにはほんのちょっとだけ足りないが、ほぼ肩を並べている数字で、今日のゲームの集客数は、レギュラーシーズンとしては最高レベルだ。(ポストシーズンになれば5万人を超える)
2010 New York Yankees Schedule, Box Scores and Splits - Baseball-Reference.com
まぁ、いずれにしても、イチローのニューヨークデビューとしては、最高の数のお客さんがスタジアムに集まった「ホームのボストン戦初戦」だったわけだ。


いわゆる "roll call" をする外野席のヤンキースファン

イチローのニューヨークデビューを歓迎するヤンキースファン

動画(公式サイト):Baseball Video Highlights & Clips | BOS@NYY: Ichiro receives ovation from fans in Bronx - Video | MLB.com: Multimedia


それにしてもこの試合がユニークだったのは、試合時間の短さ

MLB公式サイトによれば、ヤンキースとボストンのゲームで、3時間を切る2時間41分というゲーム時間は、2005年9月11日にランディ・ジョンソンウェイクフィールドが先発したゲームの「2時間29分」以来、最短の試合時間だったらしい。
2005年9月11日の試合は、1-0でヤンキースが勝った投手戦だから、試合時間が短いのも頷けるが、今日のゲームは、乱打戦とまでいえないにしても、ホームランの飛び交う打撃戦で、投手戦ではないだけに、今日の試合が異例のスピーディーさで進行したゲームだったのは間違いない。
September 11, 2005 Boston Red Sox at New York Yankees Box Score and Play by Play - Baseball-Reference.com

また、このカードが3時間以内で終わったのは、2009年以来行われた61ゲームのうち、わずか5ゲームしかないらしい。





以前、アンパイアのJoe West(ジョー・ウエスト)が、ヤンキースとレッドソックスのゲーム進行の遅さについて、They take too long to play. (「やつらプレーが遅すぎる」)とクレームをつける発言をしたことがあったことは、一度このブログで記事にした。
元記事:Damejima's HARDBALL:2011年7月5日、ゲームの進行が遅いとクレームをつけた最年長ベテランアンパイアに、ジョナサン・パペルボンが放った"Go Home"の一言。

資料:Umpire Joe West blasts Boston Red Sox, New York Yankees for slow play - ESPN

ジョー・ウエストのこの発言に対して、当時ボストンのクローザーだったジョナサン・パペルボン(今はフィラデルフィアのクローザー)は、こんな風にやりかえした。
Have you ever gone to watch a movie and thought, 'Man, this movie is so good I wish it would have never ended.' That's like a Red Sox-Yankees game. Why would you want it to end?"
If you don't want to be there, don't be there. Go home.
「映画に行って『いい映画だから、終わってほしくない』って思ったことがあるだろ? レッドソックスとヤンキースのゲームも、まさにそれ。なんで終わらせたいって思うのさ? 嫌なら、スタジアムにいることない。とっとと家に帰りな!」
Umpire Joe West blasts Boston Red Sox, New York Yankees for slow play - ESPN



Play Clean
日付表記はすべて
アメリカ現地時間です

Twitterボタン

アドレス短縮 http://bit.ly/
2020TOKYO
think different
 
  • 2014年10月31日、PARADE !
  • 2013年11月28日、『父親とベースボール』 (9)1920年代における古参の白人移民と新参の白人移民との間の軋轢 ヘンリー・フォード所有のThe Dearborn Independent紙によるレッドソックスオーナーHarry Frazeeへの攻撃の新解釈
  • 2013年11月8日、『父親とベースボール』 (8)20世紀初頭にアメリカ社会とMLBが経験した「最初の大衆化」を主導した「外野席の白人移民」の影響力 (付録:ユダヤ系移民史)
  • 2013年11月8日、『父親とベースボール』 (8)20世紀初頭にアメリカ社会とMLBが経験した「最初の大衆化」を主導した「外野席の白人移民」の影響力 (付録:ユダヤ系移民史)
  • 2013年11月8日、『父親とベースボール』 (8)20世紀初頭にアメリカ社会とMLBが経験した「最初の大衆化」を主導した「外野席の白人移民」の影響力 (付録:ユダヤ系移民史)
  • 2013年6月1日、あまりにも不活性で地味な旧ヤンキースタジアム跡地利用。「スタジアム周辺の駐車場の採算悪化」は、駐車場の供給過剰と料金の高さの問題であり、観客動員の問題ではない。
  • 2012年7月3日、『父親とベースボール』 (2)南北戦争100年後のアフリカ系アメリカ人の「南部回帰」と「父親不在」、そしてベースボールとの距離感。
  • 2012年7月3日、『父親とベースボール』 (2)南北戦争100年後のアフリカ系アメリカ人の「南部回帰」と「父親不在」、そしてベースボールとの距離感。
  • 2012年6月29日、『父親とベースボール』 (1)星一徹とケン・バーンズに学ぶ 『ベースボールにおける父親の重み』。
Categories
ブログ内検索 by Google
ブログ内検索 by livedoor
Thank you for visiting
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

free counters

by Month