October 05, 2012

いまだにハンバーガーという食い物を、「食事」ではなく、「おやつ」だと思って食べる人も、いるとは思う。


ちょっと考えてみてもらいたいが
「食事だと思ってハンバーガーを食えること」は、「アメリカ」らしいか?

答え。
それはそうだ。
だが、「まずいハンバーガーを食いながら、酷い悪態をつけること」のほうがよほどアメリカらしいし、さらに大事なことは、ハンバーガー以外でもっと「アメリカ」らしいことが他にあることは明らかだ、ということだ。ハンバーガーは根源ではない。


では、「肌の色」は「アメリカらしさ」か?
答え。「まったくそう思わない」。

「野球」は?
"Absolutely YES!" 非常に「アメリカ」らしい。

「肌の色が違うこと」と「野球」とでは、
どちらが「アメリカ」か?
いうまでもない。「野球」のほうが、はるかに「アメリカ」だ。バットの芯と同じ。アメリカの芯により近いのは、肌の色ではなく、「野球」だ。


さらに聞こう。
「野球よりも、アメリカらしいこと」は何だ?

野球よりほかに興味を引かれないからかもしれないが、
思いつかない。


じゃあ、「ハンバーガー」と「野球」とでは、どちらが「アメリカ」だ?
答えは簡単だ。ハンバーガー食いながら野球を観ればいい。それだけだ。何の問題もない。

両立できることなのに、それらをあえて分割する思考は無意味だ。同じように、「肌の色」と「野球」は両立できる。それだけで十分だ。



非常に長い時間をかけて考えた。
少なくとも言えるのは、「野球」は「アメリカらしさ」そのものだが、「肌の色」は「アメリカらしさ」そのものではない、ということだ。

差別がよくないことだから、道徳的な観点で言っているのではない。

数字に「素数」というものがあるように、「アメリカ」を無限の数列におきかえたとき、「野球」は、これ以上分割することのできない「アメリカの素数」なのだ。素数である野球を分割して考えても、そこに意味など、生まれない。


いま野球は大事か?
YESだ。

なぜって、「らしさ」とは、「日本らしさ」がそうであるように、「大切な何か」だからだ。


自分は安いハンバーガーで食事を済ますこともある「どこにでもいる野球好き」のひとりだが、「自分がこれ以上分割しようがないほど日本人らしいこと」に高すぎるほどの誇りを持っている。
これからも、日本人の素数のひとりとして、常識にとらわれて誰も語らない「素数としての野球」を、言葉に置き換えて語っていくつもりだ。

(このシリーズ、まだ続く)


Play Clean
日付表記はすべて
アメリカ現地時間です

Twitterボタン

アドレス短縮 http://bit.ly/
2020TOKYO
think different
 
  • 2014年10月31日、PARADE !
  • 2013年11月28日、『父親とベースボール』 (9)1920年代における古参の白人移民と新参の白人移民との間の軋轢 ヘンリー・フォード所有のThe Dearborn Independent紙によるレッドソックスオーナーHarry Frazeeへの攻撃の新解釈
  • 2013年11月8日、『父親とベースボール』 (8)20世紀初頭にアメリカ社会とMLBが経験した「最初の大衆化」を主導した「外野席の白人移民」の影響力 (付録:ユダヤ系移民史)
  • 2013年11月8日、『父親とベースボール』 (8)20世紀初頭にアメリカ社会とMLBが経験した「最初の大衆化」を主導した「外野席の白人移民」の影響力 (付録:ユダヤ系移民史)
  • 2013年11月8日、『父親とベースボール』 (8)20世紀初頭にアメリカ社会とMLBが経験した「最初の大衆化」を主導した「外野席の白人移民」の影響力 (付録:ユダヤ系移民史)
  • 2013年6月1日、あまりにも不活性で地味な旧ヤンキースタジアム跡地利用。「スタジアム周辺の駐車場の採算悪化」は、駐車場の供給過剰と料金の高さの問題であり、観客動員の問題ではない。
  • 2012年7月3日、『父親とベースボール』 (2)南北戦争100年後のアフリカ系アメリカ人の「南部回帰」と「父親不在」、そしてベースボールとの距離感。
  • 2012年7月3日、『父親とベースボール』 (2)南北戦争100年後のアフリカ系アメリカ人の「南部回帰」と「父親不在」、そしてベースボールとの距離感。
  • 2012年6月29日、『父親とベースボール』 (1)星一徹とケン・バーンズに学ぶ 『ベースボールにおける父親の重み』。
Categories
ブログ内検索 by Google
ブログ内検索 by livedoor
Thank you for visiting
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

free counters

by Month