February 05, 2013

十二代目 市川團十郎


大鵬


忌野清志郎


イチロー


Ichiro 2


Hideo Nomo


「道を極め、自分の型をもつに至る」、ということと、
「型にはまる」「型にとらわれる」ということの違いは、
よく勘違いされ、混同されてもいる。

型にはまらないことは、型を持たない、という意味にはならない。むしろ、往々にして、道を極めた達人は、その人しか持ちえない独特の型を持つに至っていることが多い。

血気さかんな若いとき、「型にとらわれたくない」「個性を大事にしたい」と考えることは、よくある。
では、若いから型にはまらないのか、個性的なのか、というと、そんなことはない。というのも、若さはとかく型に流されやすいからだ。若く青臭い芸は、型にとらわれ、型苦しい。若さとは、他人と同じであることに安住し、群れて泳ぎたがる雑魚である、という意味でもある。若さを安易に可能性や個性に結びつける考え方そのものは、「年寄りじみた、型にはまった思考」でしかない。
気ままにやっていさえすれば、自分というものにたどりつけるわけではない。かえって、昔からある型を丹念になぞり続けるような、ひどく単調で、面白くもなんともない修練を淡々と積み重ねることでしか、自分の型に至る道が開けないこともある。


つまるところ、「型に学びながらも、埋没することなく、さらに自分だけの型をもつに至る」というちょっと矛盾した行為を、どうしたら実現できるか、という問いは、「自由」というものをいかにしたら獲得できるか、という問いに、とてもよく似ている。


日本の文化にとって、型というものがもつ様式美は非常に重要なものだ。そして、それは同時に「日本には独特の自由の様式がある」という意味でもある。
日本の文化に携わる人たちは最初、単調な修練の連続によって意図的に型にとらわれることからコトを始めるわけだが、その後、型の奴隷のまま終わるか、それとも、自分の型や自由をもち、モノになるかは、誰にもわからない。


自分の型をもつことができた人を、何人見ることができるか。これは、自分が生きて死ぬまでの、長いような、それでいて短いような暮らしがどれだけ潤いのあるものになるか、という点で、非常に重要だと思う。

自分だけの限られた世紀において、自分だけの型を持つに至った存在、Legendを目にすることができたなら、それは無上の喜びというものだし、出現してくれてありがとうと言いたくなる。

Copyright © 2013 damejima. All Rights Reserved.


Play Clean
日付表記はすべて
アメリカ現地時間です

Twitterボタン

アドレス短縮 http://bit.ly/
2020TOKYO
think different
 
  • 2014年10月31日、PARADE !
  • 2013年11月28日、『父親とベースボール』 (9)1920年代における古参の白人移民と新参の白人移民との間の軋轢 ヘンリー・フォード所有のThe Dearborn Independent紙によるレッドソックスオーナーHarry Frazeeへの攻撃の新解釈
  • 2013年11月8日、『父親とベースボール』 (8)20世紀初頭にアメリカ社会とMLBが経験した「最初の大衆化」を主導した「外野席の白人移民」の影響力 (付録:ユダヤ系移民史)
  • 2013年11月8日、『父親とベースボール』 (8)20世紀初頭にアメリカ社会とMLBが経験した「最初の大衆化」を主導した「外野席の白人移民」の影響力 (付録:ユダヤ系移民史)
  • 2013年11月8日、『父親とベースボール』 (8)20世紀初頭にアメリカ社会とMLBが経験した「最初の大衆化」を主導した「外野席の白人移民」の影響力 (付録:ユダヤ系移民史)
  • 2013年6月1日、あまりにも不活性で地味な旧ヤンキースタジアム跡地利用。「スタジアム周辺の駐車場の採算悪化」は、駐車場の供給過剰と料金の高さの問題であり、観客動員の問題ではない。
  • 2012年7月3日、『父親とベースボール』 (2)南北戦争100年後のアフリカ系アメリカ人の「南部回帰」と「父親不在」、そしてベースボールとの距離感。
  • 2012年7月3日、『父親とベースボール』 (2)南北戦争100年後のアフリカ系アメリカ人の「南部回帰」と「父親不在」、そしてベースボールとの距離感。
  • 2012年6月29日、『父親とベースボール』 (1)星一徹とケン・バーンズに学ぶ 『ベースボールにおける父親の重み』。
Categories
ブログ内検索 by Google
ブログ内検索 by livedoor
Thank you for visiting
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

free counters

by Month