July 15, 2013

7月14日ミネソタ第3戦、1番センターで先発出場したイチローは、ソロ・ホームランを含む3安打2打点2得点と活躍、ついにMLB通算2000試合出場を達成すると同時に、MLB史上2人目の「デビュー後13シーズンでの通算2000試合出場」達成者となった。
この「2000試合出場」という記録は、それ自体も、2013年7月14日現在歴代達成者数が234人しかいない稀有な記録だが、達成条件をさらに厳しくして、イチローと同じ「デビュー後13シーズンでの達成」に限定すると、達成できたのは、MLB史上ピート・ローズただひとりしかいない。いかにイチローのこれまでのキャリアが安定したものだったか、よくわかる。

ホームラン動画:Longest Drives | MIN@NYY: Ichiro launches a solo homer to right field - Video | MLB.com: Multimedia


ちなみに、1位ピート・ローズの記録は「2022試合」。
イチローがピート・ローズすら抜き去り、「デビュー後13シーズンにおける出場試合数」におけるMLB歴代1位に輝くまで、あと23試合ということになる。8月中には抜くことだろう。いよいよ焦点は彼のキャリア通算ヒット数「4265本」になってきた、ということでもある。

デビュー後13シーズンでのMLB通算出場試合数
イチロー、デビュー13シーズン通算2000試合出場達成
data generated in 07/14/2013 via Batting Split Finder - Baseball-Reference.com(2013年7月14日ミネソタ第3戦を含む)


MLB歴代 通算出場試合数記録
Career Leaders & Records for Games Played - Baseball-Reference.com

現役選手の出場試合数記録
Active Leaders & Records for Games Played - Baseball-Reference.com


ちなみに、「デビュー後13シーズン」というスパンで打ったMLB通算ヒット数を歴代記録で調べてみると、イチローが2013年7月14日2000試合出場時に打った「2696本」という記録は、現時点で既にMLB歴代1位の記録、つまり「ワールドレコード」であり、もちろんこの記録は今シーズン終了まで伸び続ける。

デビュー後13シーズンでのMLB通算ヒット数
デビュー後13シーズンのMLB通算ヒット数(2000試合)

この「デビュー後13シーズンのヒット数ランキング」に登場する選手たちは、野球賭博で永久追放になり殿堂入りが不可能なピート・ローズと、殿堂入りが確実視されているが、いまだ現役で記録が伸び続ける可能性が残されているイチローとデレク・ジーターを除くと、ベスト10全員が野球殿堂入りを果たしている。
Paul Waner 1952年殿堂入り(RF 83.33%)
Al Simmons 1953年(LF 75.38%)
Hank Aaron 1982年(RF 97.83%)
Stan Musial 1969年(LF 93.24%)
George Sisler 1939年(1B 85.77%)
Wade Boggs 2005年(3B 91.86%)
Richie Ashburn 1995年(CF Veterans Committee)

現在2700本に迫っているイチローの「デビュー13シーズンにおけるMLB歴代1位のヒット数」を、今後抜く可能性が残されているのは、イチローが既に歴代1位である以上、現役選手だけだが、現役でめぼしい数字は、デレク・ジーター2356本、アルバート・プーホールズ2334本、マイケル・ヤング2230本の3人に絞られる。

現役3選手すべての記録が、現時点でイチローの「2696本」という数字から約300本以上も離れていること、さらに、イチロー自身がいまだバリバリの現役で、数字を今シーズン後半に伸ばし続けること、さらに、MLBの若い選手たちの中にこの4選手に迫る数字を残せそうな選手が出てくる可能性などを総合的に考慮すると、イチローの「MLBデビュー後13シーズンでの安打数記録」が、MLBにおける Unbreakable Record のひとつとなるのはおそらく間違いない。


ついでに、「デビュー後14シーズンでのMLB通算ヒット数」も調べてみる。
まだデビュー後13年目のシーズン途中にあるイチローの「2696本」が、既にMLB歴代3位につけている。これまでの歴代1位であるPaul Wanerの「2799本」までは、13年目のシーズンの後半を残した今の時点で、既に「103本差」だから、来シーズンにイチローが、「「デビュー後14シーズンでのMLB通算ヒット数」においても「MLB歴代1位」になることは、ほぼ間違いない。

デビュー後14シーズンでのMLB通算ヒット数
(図中イチローのみ13シーズン途中の数字)
デビュー後14シーズンのMLB通算ヒット数(イチローのみ13シーズン)


このブログでかつて、「38歳」という年齢が「年齢による衰えの始まるキーポイントだ」という意味のことを何度か書いた。
時代を隔ててしのぎを削りあってきたポール・ウェイナーとピート・ローズだが、彼らの通算ヒット記録が明暗を分けたのも、「38歳以降のヒット数」である。

「37歳以降」に打ったヒット数比較
5人のホール・オブ・フェイマーが37歳以降に打ったヒット数

ポール・ウェイナーは、デビュー後ずっと3割を打ち続けた素晴らしいバッターだが、飲酒の悪癖があったらしく、13シーズン目の1938年(35歳)に初めて3割を割った原因も飲酒といわれている。球団から禁酒を言い渡された翌1939年の14年目のシーズンに、36歳で151本のヒットを打ったものの、それを最後に37歳以降は打撃成績を落とし、そのままキャリアを終えている。
対してピート・ローズは、デビュー15年目から18年目にあたる1977年〜80年、36歳から39歳にかけて「795本」ものヒットを量産することで、ヒット数関連記録で常に先行されていたポール・ウェイナーを抜き去った。彼はさらに40代以降もしぶとく「699本」のヒットを積み上げている。結局、30代後半からの10年間で積み上げた「約1500本」が、球聖タイ・カッブの通算安打数記録を塗り替える「4256本」の原動力になった。
参考記事:Damejima's HARDBALL:2012年9月28日、3000安打達成予報。これからのイチローの数シーズンが持つ価値。

そうした「ヒットの鬼」といえる歴代の選手たち、タイ・カッブ、ピート・ローズ、ポール・ウェイナーでさえ、「39歳以降」にシーズン200安打を達成できていない。39歳以降に達成できたのは、ポール・モリターサム・ライスの2人だけで、40代での達成となると、長いMLBの歴史の中でも、サム・ライス、ただひとりしかいない。
心ひそかに、イチローが39歳以降にシーズン200安打を達成できる日が来ることを祈りたい。

「37歳以降」のシーズン200安打達成者リスト

37歳 Zack Wheat (221本)
    Tony Gwynn (220本)
    Ty Cobb (211本)
38歳 Pete Rose (208本)
    Jake Daubert (205本)
    Sam Rice (202本)
39歳 Paul Molitor (225本)
40歳 Sam Rice (202本)



Play Clean
日付表記はすべて
アメリカ現地時間です

Twitterボタン

アドレス短縮 http://bit.ly/
2020TOKYO
think different
 
  • 2014年10月31日、PARADE !
  • 2013年11月28日、『父親とベースボール』 (9)1920年代における古参の白人移民と新参の白人移民との間の軋轢 ヘンリー・フォード所有のThe Dearborn Independent紙によるレッドソックスオーナーHarry Frazeeへの攻撃の新解釈
  • 2013年11月8日、『父親とベースボール』 (8)20世紀初頭にアメリカ社会とMLBが経験した「最初の大衆化」を主導した「外野席の白人移民」の影響力 (付録:ユダヤ系移民史)
  • 2013年11月8日、『父親とベースボール』 (8)20世紀初頭にアメリカ社会とMLBが経験した「最初の大衆化」を主導した「外野席の白人移民」の影響力 (付録:ユダヤ系移民史)
  • 2013年11月8日、『父親とベースボール』 (8)20世紀初頭にアメリカ社会とMLBが経験した「最初の大衆化」を主導した「外野席の白人移民」の影響力 (付録:ユダヤ系移民史)
  • 2013年6月1日、あまりにも不活性で地味な旧ヤンキースタジアム跡地利用。「スタジアム周辺の駐車場の採算悪化」は、駐車場の供給過剰と料金の高さの問題であり、観客動員の問題ではない。
  • 2012年7月3日、『父親とベースボール』 (2)南北戦争100年後のアフリカ系アメリカ人の「南部回帰」と「父親不在」、そしてベースボールとの距離感。
  • 2012年7月3日、『父親とベースボール』 (2)南北戦争100年後のアフリカ系アメリカ人の「南部回帰」と「父親不在」、そしてベースボールとの距離感。
  • 2012年6月29日、『父親とベースボール』 (1)星一徹とケン・バーンズに学ぶ 『ベースボールにおける父親の重み』。
Categories
ブログ内検索 by Google
ブログ内検索 by livedoor
Thank you for visiting
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

free counters

by Month