September 04, 2014

急を要することだからブログ上で言わせてもらう。


朝日新聞が、彼らの従軍慰安婦に対する批判姿勢の根拠のひとつとなっていた過去記事が実は無根拠なものだったことを認めたことで傷のついた自分の体面、体裁をとりつくろうために、「黒塗り」、あるいは、「掲載拒否」という間違った手法で、他人の意見を公(おおやけ)の場所で封殺してみせた。
この、「黒塗り」などという思慮に欠けた行為を、そんなことをやりそうにないと「思われて」いた朝日新聞が、誰よりも先に、先頭切ってやってのけたことの意味の重さは、けして軽くない。

安易なヒューマニズムにすがって生きのびてきた朝日新聞のようなメディアは、この事件で、「今後誰かの意見が『黒塗り』される道に通じるドアを、自らの手で開けたこと」に気づいていない。
彼らは、自分たちが今の今、やってのけた間違った行為こそが、「自由というものの死」、「ジャーナリズムとしての死」であることに、彼ら自身が気づいていないし、気づこうとしていない。


朝日新聞が、自社の体面をとりつくろうことに必死なあまりに、「黒塗り」「掲載拒否」などという間違った行為でジャーナリズムとしての矜持を自ら放棄することは、他のジャーナリズムにも自由と権利の上での損害を与える行為であり、それどころか、日本における言論の自由そのものに「消えない傷」をつけたのであって、許されることはない。


朝日新聞は、「黒塗りという行為が公然と行われる可能性を、メディアとして自らの手で開いたこと」、「他人の言論を封殺する悪質行為が公然と行われることに、格好の口実を与えたこと」について、公式に謝罪すべきである。それができなければ、彼らの元から弱々しいジャーナリズムは、これで終わりだ。


Play Clean
日付表記はすべて
アメリカ現地時間です

Twitterボタン

アドレス短縮 http://bit.ly/
2020TOKYO
think different
 
  • 2014年10月31日、PARADE !
  • 2013年11月28日、『父親とベースボール』 (9)1920年代における古参の白人移民と新参の白人移民との間の軋轢 ヘンリー・フォード所有のThe Dearborn Independent紙によるレッドソックスオーナーHarry Frazeeへの攻撃の新解釈
  • 2013年11月8日、『父親とベースボール』 (8)20世紀初頭にアメリカ社会とMLBが経験した「最初の大衆化」を主導した「外野席の白人移民」の影響力 (付録:ユダヤ系移民史)
  • 2013年11月8日、『父親とベースボール』 (8)20世紀初頭にアメリカ社会とMLBが経験した「最初の大衆化」を主導した「外野席の白人移民」の影響力 (付録:ユダヤ系移民史)
  • 2013年11月8日、『父親とベースボール』 (8)20世紀初頭にアメリカ社会とMLBが経験した「最初の大衆化」を主導した「外野席の白人移民」の影響力 (付録:ユダヤ系移民史)
  • 2013年6月1日、あまりにも不活性で地味な旧ヤンキースタジアム跡地利用。「スタジアム周辺の駐車場の採算悪化」は、駐車場の供給過剰と料金の高さの問題であり、観客動員の問題ではない。
  • 2012年7月3日、『父親とベースボール』 (2)南北戦争100年後のアフリカ系アメリカ人の「南部回帰」と「父親不在」、そしてベースボールとの距離感。
  • 2012年7月3日、『父親とベースボール』 (2)南北戦争100年後のアフリカ系アメリカ人の「南部回帰」と「父親不在」、そしてベースボールとの距離感。
  • 2012年6月29日、『父親とベースボール』 (1)星一徹とケン・バーンズに学ぶ 『ベースボールにおける父親の重み』。
Categories
ブログ内検索 by Google
ブログ内検索 by livedoor
Thank you for visiting
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

free counters

by Month