March 27, 2015

札幌ドームでの野球観戦中のファウルボールによる事故)について、球団などに賠償金支払いを命じる判決が地裁で下されたようだ。

この案件についての詳細な経緯がわからない以上、当ブログは無責任に責任の所在を空想で決めつけることなどできないし、また判決内容の適否についての議論も不可能だ。

この記事の意図するところは、当事者の方々それぞれの有利・不利に関与しようとするものではまったく無く、単に、MLBにおける「ファウルボール事故」は、どういう現状にあるのか?とシンプルに思った方たちに、多少なりとも「情報として数字実例」を提供することでしかない。いうまでもないが、情報の採否について個人の価値判断は含まれていない。


以下は、「ファウルボールによる怪我、foul ball injuries」について、BloombergのジャーナリストDavid Glovin2014シーズンについて2014年9月に書いた記事から要旨の一部を箇条書きに訳出したものだ。元記事の優れた数字と実例の収集に感謝を送りたい。(以下、わずらわしいので、「記事によれば」という表現は割愛させていただく。ご承知おきいただきたい)
Baseball Caught Looking as Fouls Injure 1,750 Fans a Year - Bloomberg Business



Bloombergが一部のボールパークで調査したところ、最大3160万人の観客について「球場の救護室に申告のあった怪我人が、750人 いた」ことがわかった。

この「割合」を単純に7400万人の観客全体に拡大してみると、「2014年に怪我をしたファンの数」は、「推定」で「1750人」となる。
これは「3試合に2人の割合で怪我人が出現する」という割合を意味し、また「観客100万人に対して、23.7人の怪我人が出現する」という意味でもある。

ブログ注:この記事のいう「1シーズンに、1750人」とは、あくまで「怪我人の総数の推定値」であり、「実際にMLB全試合を調査したデータ」ではないし、また、この「1750人という怪我人総数の推定」には、割合としてけして多くはないものの「ファウルボール以外による怪我」も含まれている。(例:折れたバットによる怪我、転がっていたボールで転んだこと等による怪我)

2014年のファウルボール総数7万3000のうち、「観客席に入ったファウルの数」は5万3000(72.6%)である。

ちなみにこの数値はfoulballz.comEdwin Comber氏の膨大な情報収集に基づく「実データ」の引用であり、ほんの数試合調査した結果からMLB全体の数値を推定した単なる理論値ではない。(以下、多くの情報ソースはEdwin Comberによる)

2014年の全ゲームにおける死球数はトータル1536であり、これは「怪我人総数の推計値」より少ない。

近年の重大事故においては、「子供」が被害に遭遇する例が多くみられた。
●2008年シカゴで、7歳の子供がライナーにより重度の脳浮腫
●生後18か月の乳児がシアトルの病院に入院
●2010年ブレーブスのゲームで、6歳の女の子がファウルボールで頭蓋骨折と骨の断片が脳を傷つける重傷を負い、手術
●2011年にニューヨークで、12歳の子供がファウルボールによる怪我で集中治療室に搬送
●2011年メッツのゲームで、外野席の15歳の少年がファウルで副鼻腔を骨折して手術
●2014年ブレーブスのゲームで、8歳の少年をライナーが直撃

新しいボールパークでは、より臨場感を味わいながら観戦できるように「よりフィールドに近い席」を用意していることが増えている。
前述のEdwin Comberのソースによると、新しいボールパークで観戦するファンは、「昔の球場よりも約7%ファウルゾーンに接近した位置で観戦している」らしい。

球場別にみたとき、ファウルボールによる重大事故の出現率には、「球場ごとの差異」がみられる。
また、どういう「」のファウルボールを重視して対策するかは、球場ごとに違いがある。例えばある球場では「高いフライボール」を重視しているが、別の球場では「ライナー」を重視している。

あるファウルボール事故の訴訟において原告側は、「約5万人が収容できる某球場で、「ネットで保護されている席」は2,791に過ぎないと主張した。

他のプロスポーツの重大事故としては、NHLのゲームで2002年に飛んできたパックに当たって10代のファンが亡くなっている例がある。


少なくともブログ主が言いたいのは、「野球を見に来るなら、観客は多少の危険は自己責任なのが当たり前だ」とか、「危険はすべて球場側の責任だから、球場のあらゆる場所にネットをつけておくべきだ」とかいうような、ヒステリックな議論には賛成できないということだ。
お互いが一方的で感情的な非難合戦に陥ることのないよう、より広く情報収集してあらゆる角度からこの問題を考え、柔軟な視野からこの問題に建設的な解決策を考えていってもらうことを願いたい。


Play Clean
日付表記はすべて
アメリカ現地時間です

Twitterボタン

アドレス短縮 http://bit.ly/
2020TOKYO
think different
 
  • 2014年10月31日、PARADE !
  • 2013年11月28日、『父親とベースボール』 (9)1920年代における古参の白人移民と新参の白人移民との間の軋轢 ヘンリー・フォード所有のThe Dearborn Independent紙によるレッドソックスオーナーHarry Frazeeへの攻撃の新解釈
  • 2013年11月8日、『父親とベースボール』 (8)20世紀初頭にアメリカ社会とMLBが経験した「最初の大衆化」を主導した「外野席の白人移民」の影響力 (付録:ユダヤ系移民史)
  • 2013年11月8日、『父親とベースボール』 (8)20世紀初頭にアメリカ社会とMLBが経験した「最初の大衆化」を主導した「外野席の白人移民」の影響力 (付録:ユダヤ系移民史)
  • 2013年11月8日、『父親とベースボール』 (8)20世紀初頭にアメリカ社会とMLBが経験した「最初の大衆化」を主導した「外野席の白人移民」の影響力 (付録:ユダヤ系移民史)
  • 2013年6月1日、あまりにも不活性で地味な旧ヤンキースタジアム跡地利用。「スタジアム周辺の駐車場の採算悪化」は、駐車場の供給過剰と料金の高さの問題であり、観客動員の問題ではない。
  • 2012年7月3日、『父親とベースボール』 (2)南北戦争100年後のアフリカ系アメリカ人の「南部回帰」と「父親不在」、そしてベースボールとの距離感。
  • 2012年7月3日、『父親とベースボール』 (2)南北戦争100年後のアフリカ系アメリカ人の「南部回帰」と「父親不在」、そしてベースボールとの距離感。
  • 2012年6月29日、『父親とベースボール』 (1)星一徹とケン・バーンズに学ぶ 『ベースボールにおける父親の重み』。
Categories
ブログ内検索 by Google
ブログ内検索 by livedoor
Thank you for visiting
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

free counters

by Month