May 2020

May 22, 2020

武漢コロナウイルスに関して、世界の国別の感染者数、死亡者数を示したサイトはいろいろとあるが、以下のサイトは「人口100万人あたりの各種数値」が明示されているのがいい。
Coronavirus Update (Live): 5,156,791 Cases and 332,493 Deaths from COVID-19 Virus Pandemic - Worldometer

特に、「100万人あたりの検査数」というデータは、他のサイトにないから、モノの見方に斬新な角度を提供してくれる。


人口100万人あたりの検査数」が「6万」を超えている国は以下のとおりだ。(以下すべて日付は2020年5月21日付)太字は、「人口100万人あたりの感染者数が4000人を超えている感染多発国」である。感染多発国ほど「大量検査」をやりたがる傾向にあることは明らかだ。
スペイン 64,977
ベルギー 63,807
カタール 61,031
ポルトガル 66,079
UAE 162,092
クウェート 61,238
イスラエル 60,718
デンマーク 87,093
バーレーン 154,013
ルクセンブルク 104,006
アイスランド 169,000
リトアニア 92,806
キプロス 79,038
サンマリノ 111,399
マルタ 127,373
モーリシャス 77,131
フェロー諸島 183,981
ジブラルタル 173,127
バミューダ諸島 91,793
ケイマン諸島 115,430
フォークランド諸島 122,873


次に、人口100万人あたりの感染者数が多い国を示す。面白いことがわかる。太字は、「人口100万人あたりの検査数が6万を超えている国」だが、検査数の多い国ほど、感染者数は多いのである。
人口100万人あたりの感染者数が
5000人」を超えている国
スペイン 5,991
カタール 13,442
ルクセンブルク 6,370
シンガポール 5,100
アイスランド 5,287
仏領マヨット 5,287
アンドラ 9,864
サンマリノ 19,397
バチカン 14,981

4000〜5000人」の国
アメリカ 4,856
ベルギー 4,855
アイルランド 4,946
クウェート 4,365
バーレーン 4,746
ジブラルタル 4,482


「検査数」と「感染者数」の比較で一目瞭然にわかることは、「検査数の多さ」は「感染者数の少なさ」とはなんの関連性もないということだ。

それどころか、むしろ、「検査数が多い国」は、ほとんどの場合において「感染者数が世界トップクラスに多い国」を指すのである。オーバーシュートした国において「大量検査が、その国でのパンデミックの根本的な防止に、ほとんどなんの役にも立っていなかったこと」は火を見るより明らかだ。

世界のマスメディアが必死になって流布してきた「検査をすることで、武漢肺炎の流行を抑えられるという言説」には、実はなんの根拠もないことが、この数値群からはっきりした。



なぜ、こんな馬鹿げたことが起こるのか。

武漢コロナウイルス感染の検査が、それぞれの国において、どういう「タイミング」で行われてきたかということは、これまで世界中どこでもまったく語られてこなかった。それが「間違った政策がもてはやされる原因」になった。

つまり、簡単にいえば、その国が「検査に必死になるタイミング」というものは決まっているのであり、ほとんどのケースで「パンデミックの発生が見えてきて、『大慌てで、藁をもすがるように』、効果があるのかどうかまったくわからない検査の大量実施に走った』にすぎない」のである。

だが、「慌てた時点」では既にパンデミックは水面下では確定していて、止めようがないレベルにあるのである。例えば、以下のリンクでは「パンデミックの発生源」が主に「クラスター」であり、それを助長する要素には、「場所」、「スーパーインフルエンサーの出現」、「深い呼吸や会話」など「共通の特徴」があったことを指摘している。
Why do some COVID-19 patients infect many others, whereas most don’t spread the virus at all? | Science | AAAS

パンデミック防止に効果があったのは、パンデミックの接近が判明して慌てて行う大量の検査ではなく、むしろ「クラスター潰し」だった可能性は高い。

May 15, 2020

2020年5月14日付BBC日本版によると、アメリカの武漢コロナウイルスによる死者数は「8万4千人を超えた」そうだ。

-------------------------------------------------

トランプ大統領は(感心しない使い方だが、ここではそのことはとりあえず置いておく)この武漢コロナウイルスによる大惨事を、「真珠湾攻撃以上」というアメリカ人独特の言いまわしで形容している。

だが、アメリカの第二次大戦の太平洋戦線における戦死者数を考えれば、「真珠湾攻撃を比喩として引用している場合ではないほど、武漢コロナウイルスの被害のほうがはるかに甚大であること」はわかるはずだ。

-------------------------------------------------

アメリカの太平洋戦線における戦死者数は、そもそもはっきりとはわからないもののようだが、以下のリンクでは「16万5千人あまり」という数字が採用されている。(ちなみに、ヨーロッパ戦線を含めたすべての戦死者数は「41万6千人あまり」という数字が挙がっている。これらの数字について、以下のリンクは次のような注釈を加えて注意をうながしている。『※この場合の戦死者数には、戦闘以外の死者を含んでいる。戦闘以外とは何か具体的に記載されていないが戦闘重傷後病院死、病死、事故死、訓練死、災害死、行方不明、状況不明、自殺などが含まれると思われる』)
徒然cello日記: 第二次世界大戦 太平洋戦線におけるアメリカの戦死者数

-------------------------------------------------

アメリカでの武漢肺炎の死者が8万4千、第二次大戦の太平洋戦線での死者が、その約2倍、16万5千。ならば、第二次大戦のほうがよほど悲惨だと断じる人がいるかもしれないが、ブログ主はまったくそうは思わない。

-------------------------------------------------

ちょっと横道にそれる。

第二次大戦の太平洋戦線における火蓋が切られたのは、日本時間で1941年(昭和16年)12月8日の「真珠湾攻撃が最初」だと思っている人が、日本でも非常に多い。

だが、それは間違いだ。

12月8日未明に敢行された真珠湾攻撃より先に、日本軍はマレー作戦という名称で、同じ12月8日深夜に当時のイギリス領マレー(現在のマレーシアとシンガポール)を攻撃しているからである。ハワイ時間では日本より日付が1日ずれるために、真珠湾攻撃は「現地時間12月7日」で、マレー作戦は日本と日付は同じ「12月8日」となるから、絶対的な日付だけをみると真珠湾が先にみえるが、実際はそうではない。

-------------------------------------------------

話を本筋に戻す。

アメリカの第二次大戦における太平洋戦線の戦死者数16万5千は、主に1941年12月から1945年8月までの「約3年8ヶ月」に生じている。対して、武漢コロナウイルスによる死者数8万4千は、2020年2月上旬から2020年5月中旬までの「約3ヶ月」に集中的に発生している。(2020年4月のロサンゼルス・タイムズによれば、アメリカにおける武漢コロナウイルスによる最初の死者は「2月6日カリフォルニア州サンタクララで死亡した女性」ということになっている)

-------------------------------------------------

もちろん、「約3年8ヶ月にわたる命がけの戦闘による16万5千の戦死」と、「わずか3ヶ月でウイルスで失われた8万4千の死」とを比べることは、生命の重さというものに対する不遜に過ぎる行為ではある。

他にも、一瞬で約20万もの生命が失われた原爆のような「突出した例」があるわけだが、最も優れた音楽を誰にも決められないのと同じように、どの惨事が最も悲惨かを断定することなど誰にもできない。そのことは重々承知している。

だが、あえて言わせてもらう。

たった3ヶ月間で亡くなった8万4千人という数字は、けして小さくない。そこには、戦争という惨事においてすら存在している、名誉も、勲章も、年金もない。ウイルスによる不意打ちと、失意の死。残された人々の悲しみ。ただそれだけである。

-------------------------------------------------

武漢コロナウイルスによるこの惨事を、決死の覚悟とともにあった太平洋戦争を引き合いに語ってほしくない。日本は第二次大戦によって非常に大きな代償を払わされた。例えばアメリカでは民間人の死亡者は1千数百人にすぎないが、日本では80万人以上もの民間人が亡くなっているといわれている。われわれは責任をとったのである。

アメリカは武漢コロナウイルスに対し、どういう代償を求めるのか。それをわれわれ日本人は目をこらして見つめている。そのことも忘れてほしくない。

May 04, 2020

コロナ後」という単語が世界中でもてはやされはじめた。

それは武漢肺炎が世界的な広さで終息に向かいはじめているという意味でもあり、自宅軟禁状態にある人々のストレス発散でもあるが、だからといって、多くの人が「コロナ後」を本当に見通せているわけではない。

なぜなら、武漢肺炎のパンデミックで『社会の機能の一部』がたとえ一時的にせよ「失われた」が、それがこれからの社会においてどういう意味を持つのか、あるいは、「ヒトとヒトの距離」のような「目に見えないもの」が今後どういう価値や意味を持つのか、まだ誰もきちんとした形で語れてはいないからだ。

-------------------------------------------------------

例えば、「プロスポーツ」でいえば、いま野球は武漢肺炎によるリーグ停止で大きな打撃を受けているが、だからといって、「野球というスポーツにとって『ヒトとヒトの距離』が持っている価値や意味」がきちんと把握され、「ヒトとヒトが接することの重さや意味」がきちんと評価されたようには、いまだに思えない。

-------------------------------------------------------

人は近年、「ボールパークに足を運んでくれる人の意味」を「軽視」し始めていた。

ネットの時代なのだから、プロスポーツはネット上の映像配信で大金を稼げばいい、収入のメインは配信料で稼げるから、ボールパークが満員だろうとガラガラだろうと、そんなの関係ない、などと、タカをくくるようになっていた。最近のロブ・マンフレッドのわけのわからないMLBの改造ぶりも、はたから見て呆れることばかりだった。

fanless game

だが、いざ「無観客」でゲームが行われてみてわかったことは、プレーヤーだけでゲーム自体は行ええるとしても、そこに「観客がいない」のでは意味がないということだった。なぜなら、プレーヤーにとって「観客のいないゲーム」が「とてもやりにくい」ものであることが明らかになったからだ。

つまり、野球における「観客」という存在は「ゲームというイベントにとっての枝葉末節」ではないどころか、むしろ「主要パーツ」そのものであることが、あらためて明らかになったのである。

-------------------------------------------------------

仮にMLB全ゲームを「観客抜き」で開催できて、それがネット配信できたとしても、それはもはや「ベースボール」ではなく、ネットゲームと変わらない「ただのショー」に過ぎない。

ベースボールは「観客が存在するスタジアムで行う、世界最大のスポーツ」なのだ。

われわれが「テレビでベースボールを見る」という行為は、ただプレーヤーのプレーだけ見ているのではなく、「たくさんの観客がボールパークでゲームを見ている独特の空気感を含めて、全体を見ている」のであり、プレーヤーは、ただ「プレーしている」のではなく、「観客が見ている状態を前提にしながら、ボールパークがもつ独特の空気感の中で、プレーしている」のである。


Play Clean
日付表記はすべて
アメリカ現地時間です

Twitterボタン

アドレス短縮 http://bit.ly/
2020TOKYO
think different
 
  • 2014年10月31日、PARADE !
  • 2013年11月28日、『父親とベースボール』 (9)1920年代における古参の白人移民と新参の白人移民との間の軋轢 ヘンリー・フォード所有のThe Dearborn Independent紙によるレッドソックスオーナーHarry Frazeeへの攻撃の新解釈
  • 2013年11月8日、『父親とベースボール』 (8)20世紀初頭にアメリカ社会とMLBが経験した「最初の大衆化」を主導した「外野席の白人移民」の影響力 (付録:ユダヤ系移民史)
  • 2013年11月8日、『父親とベースボール』 (8)20世紀初頭にアメリカ社会とMLBが経験した「最初の大衆化」を主導した「外野席の白人移民」の影響力 (付録:ユダヤ系移民史)
  • 2013年11月8日、『父親とベースボール』 (8)20世紀初頭にアメリカ社会とMLBが経験した「最初の大衆化」を主導した「外野席の白人移民」の影響力 (付録:ユダヤ系移民史)
  • 2013年6月1日、あまりにも不活性で地味な旧ヤンキースタジアム跡地利用。「スタジアム周辺の駐車場の採算悪化」は、駐車場の供給過剰と料金の高さの問題であり、観客動員の問題ではない。
  • 2012年7月3日、『父親とベースボール』 (2)南北戦争100年後のアフリカ系アメリカ人の「南部回帰」と「父親不在」、そしてベースボールとの距離感。
  • 2012年7月3日、『父親とベースボール』 (2)南北戦争100年後のアフリカ系アメリカ人の「南部回帰」と「父親不在」、そしてベースボールとの距離感。
  • 2012年6月29日、『父親とベースボール』 (1)星一徹とケン・バーンズに学ぶ 『ベースボールにおける父親の重み』。
Categories
ブログ内検索 by Google
ブログ内検索 by livedoor
Thank you for visiting
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

free counters

by Month