June 2020

June 14, 2020

アメリカのスポーツメディア The Athleticが、ヤンキースのサイン盗み疑惑について新しい情報を報道している。



報道によれば、ニューヨークの裁判所ニューヨークの裁判所の裁判官 Jed Rakoff がヤンキースに「2017年にロブ・マンフレッドがヤンキース宛てに出した書簡の開示」を要求した。

だが、ヤンキース側は、書簡の完全な開示が「ヤンキースの評判に重大な傷をつける」と理由をつけ、完全な開示を拒絶した。ヤンキースは「個人情報を部分的に秘匿した形」で「編集した手紙」を裁判所に開示したらしい。


裁判所側の要求に完全には応えなかったということは、逆にいえば、元の「未編集の書簡」には「ヤンキースにとってよほどまずいことが、具体的な固有名詞とともに書かれている」という意味だ。

そして、これも非常に重要なことだが、こうしたヤンキースの不正情報を、ロブ・マンフレッドは「とっくの昔に知っていて」、「ヒューストンが槍玉に挙げられているときにさえ、ヤンキースの件を今の今まで黙ってきた」っていう意味にもなる。

もし、この件が不正として確定すれば、ロブ・マンフレッドの進退が問われるのは確実だ。
「編集された書簡」が公開されるのは、理由はよくわからないが、「6月19日以降」らしい。おそらくヤンキースの弁護士は「6月19日までに公開を阻止する訴訟を起こす」だろうとThe Athleticの記事は予測しているが、もしそういうことになれば、ヤンキース側に「不正行為に身に覚えがある」ことはかえって確定になる。


2017年は、「アーロン・ジャッジが突如としてブレークした年」でもある。

アーロン・ジャッジは、2016年MLBデビュー直後に、84打数42三振もの「異常な数の三振」をしていた超大型扇風機だ。
その人間が、2017年前半に「突如としてバットにボールが当たるようになって」、ジョー・ディマジオが持っていたヤンキースの新人ホームラン記録を塗り替え、さらにはMLBの新人ホームラン記録さえ塗り替えたのである。(現在では2019年ピート・アロンソの53本がMLB記録)
このときのアーロン・ジャッジのホームラン記録はかなり異常だった。なにせ、ほとんどのホームランが「オールスター前」だったからだ。オールスター後の彼は、2016年と同じ、ただの「扇風機」に戻って、「三振のメジャーワースト記録を更新」しているのである。

「2017年の前半だけボールが見えた理由」を、アーロン・ジャッジ自身にぜひ説明してもらいたいものである。


ヒューストン・アストロズにサイン盗みのテクニックを導入したことがバレて、2020年に指揮するはずだったメッツの監督をクビになったのは、プエルトリコ出身のカルロス・ベルトランだが、彼は2014年から2016年までヤンキースに所属していたのである。

ヤンキース時代のベルトランは、給料にまったく見合わない最悪の数字しか残せていないが、2018年12月にどういうわけか、ヤンキースのGMアドバイザーに就任している。もしも、この「わけのわからない就任」が、かつてのサイン盗みの導入に関する報酬だとしたら、大問題である。

というのも、2017年にMLB機構はボストン・レッドソックスをApple Watchを悪用したサイン盗みで罰しているのだが、ことときボストンは、ヤンキースが傘下のテレビ局であるYESのカメラを悪用したサイン盗みをやっていると反論しているからである。
MLB機構は、この2017年のボストンの要求に対し、「証拠不十分」と判定し、ヤンキースをまったく罰しなかった
電子機器を使用してのサイン盗みは禁止、MLBがレッドソックスに罰金処分 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News


もし仮に、冒頭に挙げた The Athletic が指摘した書簡の存在が、「2017年までのヤンキースのサイン盗みを、MLB機構がとっくの昔から知っていた」ことの証拠で、また、ヒューストンで不正をやったカルロス・ベルトランがヤンキースでも不正に関わったことが明らかになるとしたら、ヤンキース自身の責任が重大なことはもとより、ロブ・マンフレッドは責任をまぬがれないし、ベルトランはMLBから追放状態になるだろうし、ヤンキースGMのブライアン・キャッシュマンの責任問題が浮上し、アーロン・ジャッジは自分の立場を明確にする必要が出てくるだろう。


いずれにしても、「うんざりした」。
MLBの再開問題もそうだが、ロブ・マンフレッドのMLBには、本当にもう、「うんざり」だ。

June 11, 2020

滞在先のホテルで亡くなったエンゼルスのタイラー・スカッグスの「死因」について、日本版Wikiには「とアルコールを併用していて、嘔吐物が喉に詰まって窒息した」と書かれている。

風邪薬でも飲んで寝ていた、とでも言いたいのか。
バカバカしい。

それは真実ではない


事実は、こうだ。
タイラー・スカッグスは、「オキシコドンフェンタニルという代表的なオピオイド」を2種類同時に「麻薬として乱用」していて、窒息して死んだ
のである。

オピオイド乱用には呼吸に不具合を起こす副作用がある。だから、果たして本当に嘔吐物が詰まったことだけが死因なのか、それとも、2種類の薬物そのものも直接の死因のひとつになったのか、Wikiを読むだけではわからない。

いずれにしても、彼の死の原因は「風邪気味だったために、市販の風邪薬と酒を飲み、ホテルで寝ている間に嘔吐で死んだ」などという牧歌的な話ではない。

-------------------------------------------------

オピオイドは、本来なら末期癌患者の疼痛緩和にも使われるような「強い鎮痛剤」だ。「健康な人が風邪をひいたとき使う錠剤」というような軽い意味での「クスリ」ではまったくない。そもそも健康な一般人が処方されることなど、まったくありえない。

ところが、近年アメリカではオピオイドの「乱用」によって万単位の人が亡くなり、社会問題化している。アメリカ疾病管理予防センター(CDC)によれば、オピオイド系薬剤の過剰摂取による死者は33,091人(2015年)にのぼる。
本来なら特殊な医療目的にしか使われない強い鎮痛剤を、目的外の不道徳な形で乱用した人間たちが「ドラッグのひとつにしてしまった」のである。


オピオイドには、天然成分由来のものから化学合成によるものまで、たくさんの種類がある。

オキシコドンは、濫用目的のオピオイドの代表格のひとつで、アヘンの成分からつくられる。トヨタの現役の常務取締役だったアメリカ人女性、ジュリー・ハンプが、アクセサリーと称して偽装輸入しようとして逮捕された薬物も、これである。

オピオイド乱用が社会問題になったアメリカではメーカーへの訴訟が多数起こされており、オキシコドン製造元である米パーデュー・ファーマ社が倒産。その後オピオイド乱用の需要は、ヘロインの50倍もの強さがあるといわれている「フェンタニル」などに流れた。

フェンタニルで死亡した有名人には、プリンス(2016年)、トム・ペティ(2017年)などのミュージシャンが多い。彼らは複数の薬物とアルコールを同時に服用していて死んだ。タイラー・スカッグスは、彼らと同じく、オキシコドンとフェンタニルと酒を「同時に」やっていたのである。

-------------------------------------------------

先日、ミネソタ州で偽札を使おうとして警官に拘束され、亡くなったジョージ・フロイドさんの剖検(=遺体を解剖して検査すること)からも、このフェンタニルが検出されている。また、フェンタニルだけでなく、メタンフェタミン(=いわゆる覚醒剤。日本では昔の俗称でいうシャブ、アメリカの俗語ではMeth)、11-Hydroxy Delta-9(=脱炭酸したマリファナの代謝物)、モルヒネなど、他の薬物も「同時に」検出されている。
彼にはこの20年間で5回のコカイン使用での逮捕歴があり、端的にいえば、逮捕時の彼は明らかにオピオイド中毒で、「かなりラリった状態」にあったといえる。
資料:https://www.hennepin.us/-/media/hennepinus/residents/public-safety/documents/Autopsy_2020-3700_Floyd.pdf
資料:https://thecourierdaily.com/george-floyd-criminal-past-record-arrest/20177/

彼のヘモグロビンS数値は約38パーセントだったが、これはアフリカ、地中海、中近東、インドなどにみられる黒人特有の遺伝性貧血「鎌状赤血球症」が、日常生活で発症するレベルではないものの、例えば酸素分圧低下のような偶発的な状況変化に遭遇することによって発症する可能性があったと考えられる。

なお剖検には、彼が「重度の動脈硬化性心疾患」はじめ「心臓に重い持病をかかえていたこと」が明記されている。(この事実を根拠に、ジョージ・フロイドの死が逮捕時の窒息ではなく、もともとの持病であった心臓の発作による死であると指摘する人も多数いる)

-------------------------------------------------

アメリカ各州で大麻解禁が進んだ背景には、このオピオイド中毒の蔓延がある。対策に手を焼いた州は、「オピオイド依存がこれ以上増えるくらいなら、比較的安全な麻薬である大麻を解禁にすることで、ジャンキーをソフトドラッグである大麻に誘導したほうがマシ」という「屁理屈」に飛びついて、事実上、「社会を管理する責任」を放棄したのである。

そうした州の知事の多くは民主党である。ジョージ・フロイドさんが住んでいたミネソタ州知事 Tim Walz も民主党所属であり、ミネソタは大麻解禁州のひとつだ。

では、大麻解禁という屁理屈で、「ハードドラッグの蔓延」は防げたのか。
ジョージ・フロイドさんがそうであったように、オピオイドと大麻を同時にやるような人が増え、いわば「ハードドラッグにジャンプアップするための『助走路』を作っただけにすぎない」である可能性がある。

-------------------------------------------------

フェンタニルの生産地は中国といわれ、アメリカで何トンものフェンタニルが水揚げ寸前に摘発されたことすらある。トランプ政権はフェンタニル輸入防止のために中国に対処を要求したが、実質なにも実施されていないらしい。

フェンタニル。武漢肺炎。偽ドル紙幣。すべて中国由来ともいわれる「輸入品」だが、それらすべてに侵されていたジョージ・フロイドは、本当に「ロールモデル」、模範的といえる人物なのだろうか。

June 07, 2020

武漢肺炎で10万人もの命が失われたアメリカでは、MLB機構と選手会との交渉がまとまらない。その一方では、ジョージ・フロイドさん事件が起きてBlack Lives Matterスローガンが都市を席巻している。


自分の基本は、「対立にエネルギーを無駄に費やすより、知恵で無駄なエネルギーをかけずに解決する」ということだ。
そういう意味でいうと、例えば、新冷戦といわれだしている中国とアメリカの対立にしても、こと中国に武漢肺炎の責任をとらせるという意味だけなら、(ここにはあえて書かないが)両者のメンツが立つ解決方法は「ある」。

また、MLB機構と選手会の対立の原因は単純に「カネの問題」だろうと思うから、正直にいえば、それは「深刻とは呼べない低レベルの問題」だと、自分などは思う。問題は、事態の複雑さではなくて、「議論のやりかた」であって、「カネを出せ」「元手がないのに出せるわけないだろ」などという「押し問答」にしてしまっては、解決の糸口がみつかるわけはない。
対立を解消できないものにさせてしまっているのは、交渉者のどちらもが肩にチカラが入りすぎているせいだ。論点の設定そのものが間違ってる。りきんでバットを振ってばかりいては、バットにボールが当たらなくなり、空振りばかり増える。MLB機構も選手会も、三振ばかりしていてはダメだ。


また、自分だけがそう思ったのかもしれないが、Black Lives Matter問題にしても、人種差別の問題としてとらえると、アメリカ史の根深い部分がどうのこうと、こむつかしい話になってしまう。

だが、はたして問題のとらえかたは、それだけしかないのか。自分などが思うには、それでは狭すぎる。というか、堅苦しい。


アメリカでいま、さまざまな問題が噴出し、そのどれもが解決に時間がかかっているのは、「アメリカが疲れている」、「解決のための柔軟なランディングのアイデアが不足している」せいで、特に前者の「疲れている」という点にあるんじゃないかと思う。

それはそうだろう。

何十万人もウイルス病の感染者が出て、10万人もの人が亡くなり、慣れないマスクをして、他人との距離に気をつかうような「アメリカ人の苦手な閉鎖的現状」がもう何ヶ月も続いているのである。いくらタフさを売り物にする国民性とはいえ、「疲れるのは当然」だ。


アメリカがいま受け入れるべきなのは、「ずっと人種差別してきたなどというような過度の反省を社会全体に求めるような、大袈裟なこと」ばかりではなく、もっと単純に「自分たちはどうやらちょっと疲れているらしい、という素直な自己認識」だと思う。

アメリカは、「自分たちが疲れていること」を、否定せず、「受け入れる」べきだ。

そうすることで脳をリフレッシュし、柔軟になった脳であらためて隣人と話し合うことが、自分の「2020年疲れたアメリカ」への提案である。


Play Clean
日付表記はすべて
アメリカ現地時間です

Twitterボタン

アドレス短縮 http://bit.ly/
2020TOKYO
think different
 
  • 2014年10月31日、PARADE !
  • 2013年11月28日、『父親とベースボール』 (9)1920年代における古参の白人移民と新参の白人移民との間の軋轢 ヘンリー・フォード所有のThe Dearborn Independent紙によるレッドソックスオーナーHarry Frazeeへの攻撃の新解釈
  • 2013年11月8日、『父親とベースボール』 (8)20世紀初頭にアメリカ社会とMLBが経験した「最初の大衆化」を主導した「外野席の白人移民」の影響力 (付録:ユダヤ系移民史)
  • 2013年11月8日、『父親とベースボール』 (8)20世紀初頭にアメリカ社会とMLBが経験した「最初の大衆化」を主導した「外野席の白人移民」の影響力 (付録:ユダヤ系移民史)
  • 2013年11月8日、『父親とベースボール』 (8)20世紀初頭にアメリカ社会とMLBが経験した「最初の大衆化」を主導した「外野席の白人移民」の影響力 (付録:ユダヤ系移民史)
  • 2013年6月1日、あまりにも不活性で地味な旧ヤンキースタジアム跡地利用。「スタジアム周辺の駐車場の採算悪化」は、駐車場の供給過剰と料金の高さの問題であり、観客動員の問題ではない。
  • 2012年7月3日、『父親とベースボール』 (2)南北戦争100年後のアフリカ系アメリカ人の「南部回帰」と「父親不在」、そしてベースボールとの距離感。
  • 2012年7月3日、『父親とベースボール』 (2)南北戦争100年後のアフリカ系アメリカ人の「南部回帰」と「父親不在」、そしてベースボールとの距離感。
  • 2012年6月29日、『父親とベースボール』 (1)星一徹とケン・バーンズに学ぶ 『ベースボールにおける父親の重み』。
Categories
ブログ内検索 by Google
ブログ内検索 by livedoor
Thank you for visiting
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

free counters

by Month