May 23, 2008

以下の文章は、下記アドレスから見ることのできるシアトルの地元メディアの記事の一部だが、Extra Gameという付け足し的な情報欄として、ほんの短く触れられたに過ぎなかったために、日本のマリナーズファン、あるいは城島オタの間では、どうせベダードとバークのバッテリーはあくまで城島の打撃がマシなものになるまでの「短い臨時措置」と、甘い見方が大勢を占めていた。

だが、その後、マリナーズの投手は、ベダード、ウオッシュバーンがバークを捕手として指定するようになる。

つまり、下記の記事は、そういった流れを匂わす記事だったということになる。

Mariners Notebook: Safeco numbers fall
http://seattlepi.nwsource.com/baseball/362233_mbok08.html
By JOHN HICKEY

Wednesday was the third consecutive start for Erik Bedard with Jamie Burke doing the catching. "They seem to work pretty well together," McLaren said. "It's something that we might do until (Kenji Johjima) gets his offensive game together."

ハワイ移民150周年
No Ichiro, No watch.

Play Clean
日付表記はすべて
アメリカ現地時間です




Twitterボタン

アドレス短縮 http://bit.ly/
2020TOKYO
think different
 
  • 2014年10月31日、PARADE !
  • 2013年11月28日、『父親とベースボール』 (9)1920年代における古参の白人移民と新参の白人移民との間の軋轢 ヘンリー・フォード所有のThe Dearborn Independent紙によるレッドソックスオーナーHarry Frazeeへの攻撃の新解釈
  • 2013年11月8日、『父親とベースボール』 (8)20世紀初頭にアメリカ社会とMLBが経験した「最初の大衆化」を主導した「外野席の白人移民」の影響力 (付録:ユダヤ系移民史)
  • 2013年11月8日、『父親とベースボール』 (8)20世紀初頭にアメリカ社会とMLBが経験した「最初の大衆化」を主導した「外野席の白人移民」の影響力 (付録:ユダヤ系移民史)
  • 2013年11月8日、『父親とベースボール』 (8)20世紀初頭にアメリカ社会とMLBが経験した「最初の大衆化」を主導した「外野席の白人移民」の影響力 (付録:ユダヤ系移民史)
  • 2013年6月1日、あまりにも不活性で地味な旧ヤンキースタジアム跡地利用。「スタジアム周辺の駐車場の採算悪化」は、駐車場の供給過剰と料金の高さの問題であり、観客動員の問題ではない。
  • 2012年7月3日、『父親とベースボール』 (2)南北戦争100年後のアフリカ系アメリカ人の「南部回帰」と「父親不在」、そしてベースボールとの距離感。
  • 2012年7月3日、『父親とベースボール』 (2)南北戦争100年後のアフリカ系アメリカ人の「南部回帰」と「父親不在」、そしてベースボールとの距離感。
  • 2012年6月29日、『父親とベースボール』 (1)星一徹とケン・バーンズに学ぶ 『ベースボールにおける父親の重み』。
Categories
ブログ内検索 by Google
Google

livedoorブログ内検索
Thank you for visiting
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

free counters

by Month