May 24, 2008

シアトルタイムズのブログから。
この記事で読むべきことは、中身よりもタイトルだろう。

Johjima out again.城島、再び干される。

そう。城島は「このシーズンですでに一度スタメンから干されかかって、こんどが2度目」なのである。一度目のときには、唐突にどこからか「圧力」がかかって元の自分の位置に復帰できたが、2度目のこんどはそうはならない。ベダードはバークを選んだ。
一度目干されかかったときには、日本のメディアでも掲示板でも、打てない、守れない、走れないこのダメ捕手が当然のようにスタメンから干されようとしていることはマトモに扱われなかった。むしろ、3年24Mの契約延長が、これも唐突に発表され、あたかも城島のメジャーでの選手生活が安泰なものであるかのようなニュースが、アメリカでも、日本でも流され、現実をみていないファンはそれを盲目的に信じた。
だが、実際の野球の現場では、城島のあまりにも単調なプレーぶりが批判の的になりつつあり、またチームの内部崩壊が進んでいた。その対策のひとつとして、チームの現場サイドは城島をスタメンからはずそうとしたが、野球の現場でプレーしている人間ではない場所からの圧力からか、一度目はそれが故意に阻止され、2度目になってようやく成功したことを、この記事のタイトルは示している。

Johjima out again
http://blog.seattletimes.nwsource.com/mariners/2008/05/johjima_out_again.html
May 21, 2008 2:40 PM
Posted by Geoff Baker

Mariners manager John McLaren had a choice on when to use Kenji Johjima and when to go with Jamie Burke, since there was a day game after a night game tomorrow. He opted to use Burke tonight with Jarrod Washburn on the mound. Coincidence? I decided to find out. And McLaren was blatantly honest. He wants to match the pitching and catching batteries that work together when he can.

That means, he volunteered later in the conversation, that Burke will be catching Erik Bedard for the forseeable future. As McLaren pointed out, it's been done before with Greg Maddux in Atlanta and Mike Mussina in New York. Neither was caught by their team's No. 1 catcher very often. But Washburn is not Maddux, nor is he Mussina. McLaren would not commit to making Burke the full-time Washburn receiver going forward. He only said he'd do such matching up when the situation presents itself.

"If we can do it, we'll try to do it,'' he says, here on this audio clip of my questions and his answers. "I'm not going to switch everything around. Just when there's an opportunity, when certain pitchers are pitching, if we can do it we can do it.''

All I'll say is, it's a very interesting situation for a team that just gave Johjima a three-year extension and has it's former No. 1 draft pick catching in Class AAA instead of up in the big leagues.

"You've got to look at it two ways,'' McLaren said. "If a guy is having success with one guy, you've definitely got to really weigh that heavily. That doesn't lie. We've got kind of that situation with Burke and Bedard. It's been a good combination and so we're going to stick with it for a while.''

I'll give McLaren credit. He didn't try to dance around what he was doing. He was accountable. And that's not always a common thing with this team.

And for Nat, in the comments section, I hope this adequately addresses what you asked about when you posted a link earlier today. I'm only trying to tell you what's going on in that clubhouse, the way I see it, as best I can. I don't think any of you would expect or accept anything less. It's not always fun writing this stuff, but when it's out there, it has to be told.


ハワイ移民150周年
No Ichiro, No watch.

Play Clean
日付表記はすべて
アメリカ現地時間です




Twitterボタン

アドレス短縮 http://bit.ly/
2020TOKYO
think different
 
  • 2014年10月31日、PARADE !
  • 2013年11月28日、『父親とベースボール』 (9)1920年代における古参の白人移民と新参の白人移民との間の軋轢 ヘンリー・フォード所有のThe Dearborn Independent紙によるレッドソックスオーナーHarry Frazeeへの攻撃の新解釈
  • 2013年11月8日、『父親とベースボール』 (8)20世紀初頭にアメリカ社会とMLBが経験した「最初の大衆化」を主導した「外野席の白人移民」の影響力 (付録:ユダヤ系移民史)
  • 2013年11月8日、『父親とベースボール』 (8)20世紀初頭にアメリカ社会とMLBが経験した「最初の大衆化」を主導した「外野席の白人移民」の影響力 (付録:ユダヤ系移民史)
  • 2013年11月8日、『父親とベースボール』 (8)20世紀初頭にアメリカ社会とMLBが経験した「最初の大衆化」を主導した「外野席の白人移民」の影響力 (付録:ユダヤ系移民史)
  • 2013年6月1日、あまりにも不活性で地味な旧ヤンキースタジアム跡地利用。「スタジアム周辺の駐車場の採算悪化」は、駐車場の供給過剰と料金の高さの問題であり、観客動員の問題ではない。
  • 2012年7月3日、『父親とベースボール』 (2)南北戦争100年後のアフリカ系アメリカ人の「南部回帰」と「父親不在」、そしてベースボールとの距離感。
  • 2012年7月3日、『父親とベースボール』 (2)南北戦争100年後のアフリカ系アメリカ人の「南部回帰」と「父親不在」、そしてベースボールとの距離感。
  • 2012年6月29日、『父親とベースボール』 (1)星一徹とケン・バーンズに学ぶ 『ベースボールにおける父親の重み』。
Categories
ブログ内検索 by Google
Google

livedoorブログ内検索
Thank you for visiting
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

free counters

by Month