June 16, 2008

CERA、CS%といった守備系の数字を挙げたので、こんどは打撃をみてみる。
現在メジャーの捕手のうち、規定打数に達しているか、それに準じる程度の捕手14人をみてみる。
城島は、打率、出塁率、長打率、OPSと、主な打撃指標のすべてで最下位である。よく恥ずかしげも無く、打席に立てるものだ。

             打席数 打率 出塁率 長打率 OPS
1 Russell Martin LAD 231 .312 .412 .424 .836
2 Brian McCann ATL 230 .304 .381 .561 .942
3 Kurt Suzuki OAK 229 .258 .320 .314 .634
4 Bengie Molina SFO 225 .311 .340 .467 .807
5 A.J. Pierzynski CHW 224 .304 .347 .442 .789
  Joe Mauer MIN 224 .326 .410 .433 .843
7 Geovany Soto CHC 222 .288 .376 .532 .908
8 Jason Kendall MIL 206 .248 .323 .345 .668
9 Yadier Molina STL 204 .299 .358 .382 .741
10 Ivan Rodriguez DET 202 .262 .304 .366 .670
11 Victor Martinez CLE 198 .278 .332 .333 .665
--------------ここまでが規定打席到達者----------------
12 Ramon Hernandez BAL 191 .230 .272 .356 .628
  Kenji Johjima SEA 191 .230 .271 .309 .580
14 Jason Varitek BOS 183 .257 .327 .437 .764

リンク:ESPNのデータ


Play Clean
日付表記はすべて
アメリカ現地時間です

Twitterボタン

アドレス短縮 http://bit.ly/
2020TOKYO
think different
 
  • 2014年10月31日、PARADE !
  • 2013年11月28日、『父親とベースボール』 (9)1920年代における古参の白人移民と新参の白人移民との間の軋轢 ヘンリー・フォード所有のThe Dearborn Independent紙によるレッドソックスオーナーHarry Frazeeへの攻撃の新解釈
  • 2013年11月8日、『父親とベースボール』 (8)20世紀初頭にアメリカ社会とMLBが経験した「最初の大衆化」を主導した「外野席の白人移民」の影響力 (付録:ユダヤ系移民史)
  • 2013年11月8日、『父親とベースボール』 (8)20世紀初頭にアメリカ社会とMLBが経験した「最初の大衆化」を主導した「外野席の白人移民」の影響力 (付録:ユダヤ系移民史)
  • 2013年11月8日、『父親とベースボール』 (8)20世紀初頭にアメリカ社会とMLBが経験した「最初の大衆化」を主導した「外野席の白人移民」の影響力 (付録:ユダヤ系移民史)
  • 2013年6月1日、あまりにも不活性で地味な旧ヤンキースタジアム跡地利用。「スタジアム周辺の駐車場の採算悪化」は、駐車場の供給過剰と料金の高さの問題であり、観客動員の問題ではない。
  • 2012年7月3日、『父親とベースボール』 (2)南北戦争100年後のアフリカ系アメリカ人の「南部回帰」と「父親不在」、そしてベースボールとの距離感。
  • 2012年7月3日、『父親とベースボール』 (2)南北戦争100年後のアフリカ系アメリカ人の「南部回帰」と「父親不在」、そしてベースボールとの距離感。
  • 2012年6月29日、『父親とベースボール』 (1)星一徹とケン・バーンズに学ぶ 『ベースボールにおける父親の重み』。
Categories
ブログ内検索 by Google
ブログ内検索 by livedoor
Thank you for visiting
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

free counters

by Month