June 19, 2008

監督マクラーレンは、再びメジャーに昇格させたクレメントを、こんどはDHとしてではなく、主に捕手としてプレーさせると明言した。「5日間のうち3日ぐらいか?」、つまり先発ローテーション投手のうち3人くらいか?と尋ねる記者に対する答えは、こうだ。

「それぐらいか、もっと。」

ようやくマリナーズは城島を正捕手からはずす決断をした。これからは城島は控え捕手とDHでの起用となる。実際、この記事を書いている現在行われている日本時間6月19日のフロリダマーリンズ戦の先発捕手はクレメントで、城島はDHとしても先発出場していない。

Bedard and Burke,
no longer "Together Forever"

Posted by Ryan Divish
http://blogs.thenewstribune.com/mariners/2008/06/17/bedard_and_burke_no_longer_together_fore

With the call-up last night of Jeff Clement, McLaren made it clear today in his pregame meeting that Clement is up, and will play and will do that catching, not DHing.

"Last time we tried him as DH and it was awfully difficult situation for a young kid, so we're going to catch him quite a bit," McLaren said.

Exactly how much is quite a bit?

"We're going to catch him a lot," McLaren said.

So a lot could be three out of five days?

"That and more," McLaren said.

Hmmmmm.

And so what is going to happen with the regular starting catcher Kenji Johjima? Well, he was seen taking ground balls at first yesterday. Johjima said he was extremely uncomfortable at the position, though he played it a few games in Japan when he had a sore shoulder.

"We're going to DH him and catch him some," McLaren said.


ハワイ移民150周年
No Ichiro, No watch.

Play Clean
日付表記はすべて
アメリカ現地時間です




Twitterボタン

アドレス短縮 http://bit.ly/
2020TOKYO
think different
 
  • 2014年10月31日、PARADE !
  • 2013年11月28日、『父親とベースボール』 (9)1920年代における古参の白人移民と新参の白人移民との間の軋轢 ヘンリー・フォード所有のThe Dearborn Independent紙によるレッドソックスオーナーHarry Frazeeへの攻撃の新解釈
  • 2013年11月8日、『父親とベースボール』 (8)20世紀初頭にアメリカ社会とMLBが経験した「最初の大衆化」を主導した「外野席の白人移民」の影響力 (付録:ユダヤ系移民史)
  • 2013年11月8日、『父親とベースボール』 (8)20世紀初頭にアメリカ社会とMLBが経験した「最初の大衆化」を主導した「外野席の白人移民」の影響力 (付録:ユダヤ系移民史)
  • 2013年11月8日、『父親とベースボール』 (8)20世紀初頭にアメリカ社会とMLBが経験した「最初の大衆化」を主導した「外野席の白人移民」の影響力 (付録:ユダヤ系移民史)
  • 2013年6月1日、あまりにも不活性で地味な旧ヤンキースタジアム跡地利用。「スタジアム周辺の駐車場の採算悪化」は、駐車場の供給過剰と料金の高さの問題であり、観客動員の問題ではない。
  • 2012年7月3日、『父親とベースボール』 (2)南北戦争100年後のアフリカ系アメリカ人の「南部回帰」と「父親不在」、そしてベースボールとの距離感。
  • 2012年7月3日、『父親とベースボール』 (2)南北戦争100年後のアフリカ系アメリカ人の「南部回帰」と「父親不在」、そしてベースボールとの距離感。
  • 2012年6月29日、『父親とベースボール』 (1)星一徹とケン・バーンズに学ぶ 『ベースボールにおける父親の重み』。



Categories
ブログ内検索 by Google
Google

livedoorブログ内検索
Thank you for visiting
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

free counters

by Month