June 20, 2008

シアトルは6月16日にGMバベジを首にし、そして3日置いて、19日に監督マクラーレンを首にした。こんな奇妙な解任劇に、誰でも感じることはひとつだ。

「成績不振だけが解雇理由なら、同時に解任すればいい。なのに、マクラーレン解任がズレた。これにはなにか特別な理由があるはず。ならばそれは、どんな経緯と理由か?」

もちろん地元メディアも同じ疑問を抱く。Seattle TimesのBakerは19日、その疑問を新しい暫定GMペルクードゥスと、球団社長のアームストロングにぶつけた。
「なぜ、同時に首にしなかったのか?」Bakerは表向きは単純に質問しているように見えるが、明らかに、3日もズレたマクラーレン解任に特別な理由がありそうなのを嗅ぎ取っていて、わざと知らぬフリをして質問を重ねているニュアンスがうかがえる。

下記の記事原文を読んで、この取材から彼Bakerが明確な回答を引き出したとは言いがたいと最初は思うかもしれないが、とんでもない。十分な結果が得られている。
なぜなら、アームストロングが、「自分と、リンカーンは、バベジ解任後もマクラーレンを置いておくつもりだった。だが、就任したばかりの暫定GMペルクードゥスに反対され、考えを変えた」と経緯を漏らしたからだ。

つまり、このインタビューのおかげで「2つの解任劇が、まったく同じ理由、まったく同じ流れの中で決定されたのではない」ということ。そして、ことマクラーレン解任についての決定は、球団CEOも社長も越えた、もっと上の権力、「球団経営トップすら越える決定権をもった人物」の、大きな圧力の元で行われた、ということだ。

だからこそ、解任は同時でなく、ズレた。では、バベジ解任後のマクラーレンのどんな「チーム方針」が、「球団経営トップすら越える決定権をもった人物」の怒りをかったのか?

リンカーンすら意図していなかったという、マクラーレン解任の謎。
解読の最初の鍵は、マクラーレンがイチローをライトに戻そうとしていたことだ。

マクラーレンはこのアイデアは、「フロントとは関係なく自分の考えだけでやった」と明言している。このことを覚えておくといいと思う。
そして、下記の取材で暫定GMペルクードゥスは、「イチローをライトに戻したことが今後のチーム構想を狂わすことはない」と言っている。つまり、暫定GMペルクードゥスは、フロントを通さないアイデアではあるが、イチローをライトに戻す案はマクラーレン解任理由ではないよ、と、明言したも同じである。

では、逆説的に言えば、暫定GMペルクードゥスは言外に、マクラーレンのアイデアのある部分は、今後のチーム構想を狂わすと考えるものがあったと考えていることになる。球団経営トップすら越える決定権をもった人物が怒りを覚え、大きな圧力でマクラーレン解任の指示を、暫定GMペルクードゥスに出すに至った、マクラーレンのアイデアとは何か?問題はそれだ。

今週末の試合で、結局シンプルにその答えは出るだろう。楽しみである。

Many questions, few answers
http://blog.seattletimes.nwsource.com/mariners/2008/06/many_questions_few_answers.html
Posted by Geoff Baker
June 19, 2008 2:44 PM
The big question is why the team didn't simply do this on Monday. Let McLaren and Bill Bavasi go at the same time.
(中略)
Armstrong said that he and CEO Howard Lincoln had actually planned on keeping McLaren around after the Bavasi firing.
(中略)
Oh yeah, Pelekoudas says he liked McLaren moving Ichiro to right field and it doesn't mess up any of his plans for the team. This, even though McLaren said he made the move independant of the front office -- just three days before he was to be fired.


ハワイ移民150周年
No Ichiro, No watch.

Play Clean
日付表記はすべて
アメリカ現地時間です




Twitterボタン

アドレス短縮 http://bit.ly/
2020TOKYO
think different
 
  • 2014年10月31日、PARADE !
  • 2013年11月28日、『父親とベースボール』 (9)1920年代における古参の白人移民と新参の白人移民との間の軋轢 ヘンリー・フォード所有のThe Dearborn Independent紙によるレッドソックスオーナーHarry Frazeeへの攻撃の新解釈
  • 2013年11月8日、『父親とベースボール』 (8)20世紀初頭にアメリカ社会とMLBが経験した「最初の大衆化」を主導した「外野席の白人移民」の影響力 (付録:ユダヤ系移民史)
  • 2013年11月8日、『父親とベースボール』 (8)20世紀初頭にアメリカ社会とMLBが経験した「最初の大衆化」を主導した「外野席の白人移民」の影響力 (付録:ユダヤ系移民史)
  • 2013年11月8日、『父親とベースボール』 (8)20世紀初頭にアメリカ社会とMLBが経験した「最初の大衆化」を主導した「外野席の白人移民」の影響力 (付録:ユダヤ系移民史)
  • 2013年6月1日、あまりにも不活性で地味な旧ヤンキースタジアム跡地利用。「スタジアム周辺の駐車場の採算悪化」は、駐車場の供給過剰と料金の高さの問題であり、観客動員の問題ではない。
  • 2012年7月3日、『父親とベースボール』 (2)南北戦争100年後のアフリカ系アメリカ人の「南部回帰」と「父親不在」、そしてベースボールとの距離感。
  • 2012年7月3日、『父親とベースボール』 (2)南北戦争100年後のアフリカ系アメリカ人の「南部回帰」と「父親不在」、そしてベースボールとの距離感。
  • 2012年6月29日、『父親とベースボール』 (1)星一徹とケン・バーンズに学ぶ 『ベースボールにおける父親の重み』。



Categories
ブログ内検索 by Google
Google

livedoorブログ内検索
Thank you for visiting
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

free counters

by Month