June 22, 2008

さぁアウェイのブレーブス第2戦のスタメンが出た。http://scores.seattletimes.nwsource.com/merge/tsnform.aspx?c=seatimes&page=mlb/scores/live/lineup.aspx?gameid=21493

先発マスクは城島である。ウオッシュバーン先発だから城島なのか、アトランタの先発が右だからなのか、先発させる理由はこの時点では推測できない。

なにせこの打者、対左投手は打率.128という酷さなのだ。相手先発が左の日には全く先発させる必要がない。かといって、右投手相手でも.245、右なら打てるわけでもない。
今日の試合はアウェイだが、アウェイでの城島の打率は、今シーズンわずかに.172。6月の月間打率も、わずかに.200。ひどいものだ。

城島の月別打撃スタッツ

第1戦を快勝したクレメントと、第2戦城島。どういう結果が出るのか、楽しみだ。

http://blog.livedoor.jp/damejima/archives/348379.html
上のリンクで示した解任前のマクラーレンのアイデアでいうと
今日の第2戦は、だけが守られていることになる。昨日のセクソンの酷い出来を見ても、まだこのチームはセクソンをスタメンに置き、そして城島にマスクをかぶらせているのだから驚きだ。
\喫畆蠅鮠訶腓らクレメントへ
▲戰澄璽匹寮貘以畆蠕は解消する
イチローをセンターからライトへ戻す
ぅ札ソンなど、いらない選手の解雇・放出

ハワイ移民150周年
No Ichiro, No watch.

Play Clean
日付表記はすべて
アメリカ現地時間です




Twitterボタン

アドレス短縮 http://bit.ly/
2020TOKYO
think different
 
  • 2014年10月31日、PARADE !
  • 2013年11月28日、『父親とベースボール』 (9)1920年代における古参の白人移民と新参の白人移民との間の軋轢 ヘンリー・フォード所有のThe Dearborn Independent紙によるレッドソックスオーナーHarry Frazeeへの攻撃の新解釈
  • 2013年11月8日、『父親とベースボール』 (8)20世紀初頭にアメリカ社会とMLBが経験した「最初の大衆化」を主導した「外野席の白人移民」の影響力 (付録:ユダヤ系移民史)
  • 2013年11月8日、『父親とベースボール』 (8)20世紀初頭にアメリカ社会とMLBが経験した「最初の大衆化」を主導した「外野席の白人移民」の影響力 (付録:ユダヤ系移民史)
  • 2013年11月8日、『父親とベースボール』 (8)20世紀初頭にアメリカ社会とMLBが経験した「最初の大衆化」を主導した「外野席の白人移民」の影響力 (付録:ユダヤ系移民史)
  • 2013年6月1日、あまりにも不活性で地味な旧ヤンキースタジアム跡地利用。「スタジアム周辺の駐車場の採算悪化」は、駐車場の供給過剰と料金の高さの問題であり、観客動員の問題ではない。
  • 2012年7月3日、『父親とベースボール』 (2)南北戦争100年後のアフリカ系アメリカ人の「南部回帰」と「父親不在」、そしてベースボールとの距離感。
  • 2012年7月3日、『父親とベースボール』 (2)南北戦争100年後のアフリカ系アメリカ人の「南部回帰」と「父親不在」、そしてベースボールとの距離感。
  • 2012年6月29日、『父親とベースボール』 (1)星一徹とケン・バーンズに学ぶ 『ベースボールにおける父親の重み』。
Categories
ブログ内検索 by Google
Google

livedoorブログ内検索
Thank you for visiting
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

free counters

by Month