June 22, 2008

4打数ノーヒットで打率.218。チームは、チッパー・ジョーンズの先発しないブレーブス相手に11安打を浴び、最悪のサヨナラ負け。
相手捕手マキャンには盗塁まで許した。彼は2007シーズンに一度も盗塁してない選手である。

城島の月別打撃スタッツ

これで言い訳できる馬鹿な捕手はいないだろう。なにかと打撃で叩かれるセクソンは今日現在.214。城島が、そのセクソンすら打率で下回るのも、もはや時間の問題になった。

第一打席 2死1、2塁 セカンドゴロ
第二打席 走者なし レフトフライ
第三打席 走者なし ショートライナー
第四打席 走者なし ファーストファウルフライ

初回のシアトルはタイムリーが続き、3点先制。チームは昨日の雰囲気を今日の試合にもちこしていた。

だがしかし、昨日同様、チームの良い流れをまたしても止めたのは、城島だ。1,2塁でセカンドゴロに倒れ、チェンジ。問題はその裏からだ。さっそく満塁のピンチを招いてしまい、野手は長い守備を強いられた。
こういう長い守備が何度チームの勢いを削いだことだろう。このあとシアトル打線の勢いはパタリと止んだ。1回裏、3回裏にも満塁のピンチを招くなど、いつ逆転されてもおかしくない展開だった。

そして9回裏、この日の数多い満塁のピンチをまたもや招いてサヨナラ負け。打率.390を越えるCジョーンズが休養し、戦力を落としたブレーブス打線に11安打5四球を許した。

アトランタ第1戦と第2戦は、投入されたシアトル側の投手の顔ぶれはたいして違わない。それだけに、Cジョーンズがいるブレーブス相手に5併殺でピンチをしのいだクレメントと、Cジョーンズがいないのに11安打を許して逆転負けをくらう城島の違いが際立つ、この2試合。今日は城島の疫病神ぶりだけが目立つ試合だった。


Play Clean
日付表記はすべて
アメリカ現地時間です

Twitterボタン

アドレス短縮 http://bit.ly/
2020TOKYO
think different
 
  • 2014年10月31日、PARADE !
  • 2013年11月28日、『父親とベースボール』 (9)1920年代における古参の白人移民と新参の白人移民との間の軋轢 ヘンリー・フォード所有のThe Dearborn Independent紙によるレッドソックスオーナーHarry Frazeeへの攻撃の新解釈
  • 2013年11月8日、『父親とベースボール』 (8)20世紀初頭にアメリカ社会とMLBが経験した「最初の大衆化」を主導した「外野席の白人移民」の影響力 (付録:ユダヤ系移民史)
  • 2013年11月8日、『父親とベースボール』 (8)20世紀初頭にアメリカ社会とMLBが経験した「最初の大衆化」を主導した「外野席の白人移民」の影響力 (付録:ユダヤ系移民史)
  • 2013年11月8日、『父親とベースボール』 (8)20世紀初頭にアメリカ社会とMLBが経験した「最初の大衆化」を主導した「外野席の白人移民」の影響力 (付録:ユダヤ系移民史)
  • 2013年6月1日、あまりにも不活性で地味な旧ヤンキースタジアム跡地利用。「スタジアム周辺の駐車場の採算悪化」は、駐車場の供給過剰と料金の高さの問題であり、観客動員の問題ではない。
  • 2012年7月3日、『父親とベースボール』 (2)南北戦争100年後のアフリカ系アメリカ人の「南部回帰」と「父親不在」、そしてベースボールとの距離感。
  • 2012年7月3日、『父親とベースボール』 (2)南北戦争100年後のアフリカ系アメリカ人の「南部回帰」と「父親不在」、そしてベースボールとの距離感。
  • 2012年6月29日、『父親とベースボール』 (1)星一徹とケン・バーンズに学ぶ 『ベースボールにおける父親の重み』。
Categories
ブログ内検索 by Google
ブログ内検索 by livedoor
Thank you for visiting
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

free counters

by Month