July 13, 2008

シアトルのマイナーがあるタコマの地元紙が、「城島問題」を語った。worst-kept secretというのは慣用句で、「公然の秘密」という意味だ。

この記事で最も重要なベースは、3人の捕手のうち、城島だけが「位置づけ」のよくわからない選手と名指しして、将来の禍根となるだろうと予言していることだ。

この文章は最初読むと、ところどころ意味が途切れたまま次のパラグラフに行っているように感じるだろう。それはそうだ。日本語でいう「行間の意味」というやつを多用して構成しているからだ。
たとえばHe also is clearly unhappy with his role today.という部分だが、「彼の側はいまの役割に不満かもしれないが、チームの側も役割の中途半端な城島の存在は不幸でしかたがないのだよ」という言外のニュアンスが、alsoという単語に故意に込められて使われている。

クレメントを正捕手にする(つまり城島を正捕手からはずす)と宣言したのが監督末期のマクラーレンで、必ずしもリグルマンになってからではないという認識との些細な時期的相違を除けば、基本認識はほぼこのブログとかわりない。

投手陣が前々から城島に投げたくないと感じていたこと、城島の3年契約は野球の現場で決まったのではなく、日本からダイレクトに決定がきたと明確に指摘していることなど、シアトルの野球関係者において「城島問題」の認識がほとんど統一的な意味で浸透していることが確定した。

What Do You Do With A Catcher Like Johjima?
http://blogs.thenewstribune.com/mariners/2008/07/09/what_do_you_do_with_a_catcher_like_johji

Burke is a solid backup who's out of options. He can't be sent to the minor leagues. Clement is the catcher of the future, according to the Mariners. And Johjima?

The worst-kept secret in baseball is that pitchers don?t like throwing to Joh, and this dates back years. When John McLaren managed, he tried to protect Johjima from criticism, but Jim Riggleman is in charge now.

And Johjima's time behind the plate has been cut severely.

Instead, Johjima , who signed a three-year extension in April , has done a little DHing and a little watching from the bench. Offering him the lucrative extension was not a baseball decision, but one that came directly from Japan.

Now Seattle has to figure out what to do about it. Joh is untradeable with three years on his deal. He also is clearly unhappy with his role today.

It?s an issue that's going to be troublesome the remainder of the season and probably beyond.


(一部略)バークはまぎれもなく堅実な控え選手で、マイナーに送ったりはできない。クレメントは、マリナーズにとって将来の捕手である。では、城島はどうだ?

チームにおける公然の秘密は、投手陣たちが城島に投げたがらないことだが、こうした事態はずっと前からあった。マクラーレンの監督時に彼は城島を批判から保護しようとしていたが、今は監督はリグルマンに変わった。

そして、城島が捕手を務める時間は厳しく制約されている。

4月に3年の契約延長にサインしたというのに、城島はDHをやったり、ベンチから試合を眺めたりしている。有利な契約延長を彼に提供したのは、野球の現場においての決定ではなく、直接日本からもたらされたものだった。

今シアトルはこのことについて何をしたらよいか、考えなければならない。 城島は日本サイド主導の3年契約でトレード不能だ。彼は明らかにいまの役割に不満ももっている。

この問題は、残りのシーズン、そしておそらくそれ以降も、厄介な問題になるだろう。


Play Clean
日付表記はすべて
アメリカ現地時間です

Twitterボタン

アドレス短縮 http://bit.ly/
2020TOKYO
think different
 
  • 2014年10月31日、PARADE !
  • 2013年11月28日、『父親とベースボール』 (9)1920年代における古参の白人移民と新参の白人移民との間の軋轢 ヘンリー・フォード所有のThe Dearborn Independent紙によるレッドソックスオーナーHarry Frazeeへの攻撃の新解釈
  • 2013年11月8日、『父親とベースボール』 (8)20世紀初頭にアメリカ社会とMLBが経験した「最初の大衆化」を主導した「外野席の白人移民」の影響力 (付録:ユダヤ系移民史)
  • 2013年11月8日、『父親とベースボール』 (8)20世紀初頭にアメリカ社会とMLBが経験した「最初の大衆化」を主導した「外野席の白人移民」の影響力 (付録:ユダヤ系移民史)
  • 2013年11月8日、『父親とベースボール』 (8)20世紀初頭にアメリカ社会とMLBが経験した「最初の大衆化」を主導した「外野席の白人移民」の影響力 (付録:ユダヤ系移民史)
  • 2013年6月1日、あまりにも不活性で地味な旧ヤンキースタジアム跡地利用。「スタジアム周辺の駐車場の採算悪化」は、駐車場の供給過剰と料金の高さの問題であり、観客動員の問題ではない。
  • 2012年7月3日、『父親とベースボール』 (2)南北戦争100年後のアフリカ系アメリカ人の「南部回帰」と「父親不在」、そしてベースボールとの距離感。
  • 2012年7月3日、『父親とベースボール』 (2)南北戦争100年後のアフリカ系アメリカ人の「南部回帰」と「父親不在」、そしてベースボールとの距離感。
  • 2012年6月29日、『父親とベースボール』 (1)星一徹とケン・バーンズに学ぶ 『ベースボールにおける父親の重み』。
Categories
ブログ内検索 by Google
ブログ内検索 by livedoor
Thank you for visiting
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

free counters

by Month