August 14, 2008

某巨大掲示板でみかけたシアトルの捕手別、投手別の被打率と与四球率のネタなのだが、なかなかに興味深い。
青色の地で示した部分が、その投手に関してもっともいいデータなのだが、みてもらえばわかるように、城島には青色の部分がひとつもない。

シアトルの投手たちがことごとく城島相手には投げたくないと言い出す理由が、数字になって表現されている。オリジナルサイトのデータ作成者に敬意を表したい。

http://www.bleedingblueandteal.com/08-2008/johjimas-gamecalling-revisited/
このサイトタイトルにあるtealとは、コガモのこと。teal blueは、暗い緑がかった青色のことだが、サイトタイトルのBleeding Blue And Tealはマリナーズのチームカラーにひっかけているのである。
2007 城島とバークの被打率の比較
 
城島
バーク
Hernandez
.272
.243
Washburn
.278
.240
Batista
.283
.240
Morrow
.270
.161
Ramirez
.350
.233

2008 城島、クレメント、バークの被打率の比較
 
城島
クレメント
バーク
Hernandez
.253(459)
.220 (88)
.184 (53)
Bedard
.283 (67)
.179 (32)
.225 (248)
Silva
.323 (317)
.310 (242)
.381 (43)
Washburn
.277 (439)
.267 (51)
.389 (77)
Batista
.319 (371)
.280 (89)
.111 (13)
Dickey
.288 (195)
.300 (133)
.256 (90)
 
Morrow
.151 (82)
.087 (27)
.167 (33)
Putz
.288 (76)
.286 (15)
.279 (57)

2008 城島、クレメント、バークの与四球率の比較
 
城島
クレメント
バーク
Hernandez
9.8
6.8
7.5
Bedard
22.6
10.7
9.9
Silva
5.1
3.9
2.3
Washburn
8.6
11.1
2.7
Batista
16.6
14.6
23.0

 




Play Clean
日付表記はすべて
アメリカ現地時間です

Twitterボタン

アドレス短縮 http://bit.ly/
2020TOKYO
think different
 
  • 2014年10月31日、PARADE !
  • 2013年11月28日、『父親とベースボール』 (9)1920年代における古参の白人移民と新参の白人移民との間の軋轢 ヘンリー・フォード所有のThe Dearborn Independent紙によるレッドソックスオーナーHarry Frazeeへの攻撃の新解釈
  • 2013年11月8日、『父親とベースボール』 (8)20世紀初頭にアメリカ社会とMLBが経験した「最初の大衆化」を主導した「外野席の白人移民」の影響力 (付録:ユダヤ系移民史)
  • 2013年11月8日、『父親とベースボール』 (8)20世紀初頭にアメリカ社会とMLBが経験した「最初の大衆化」を主導した「外野席の白人移民」の影響力 (付録:ユダヤ系移民史)
  • 2013年11月8日、『父親とベースボール』 (8)20世紀初頭にアメリカ社会とMLBが経験した「最初の大衆化」を主導した「外野席の白人移民」の影響力 (付録:ユダヤ系移民史)
  • 2013年6月1日、あまりにも不活性で地味な旧ヤンキースタジアム跡地利用。「スタジアム周辺の駐車場の採算悪化」は、駐車場の供給過剰と料金の高さの問題であり、観客動員の問題ではない。
  • 2012年7月3日、『父親とベースボール』 (2)南北戦争100年後のアフリカ系アメリカ人の「南部回帰」と「父親不在」、そしてベースボールとの距離感。
  • 2012年7月3日、『父親とベースボール』 (2)南北戦争100年後のアフリカ系アメリカ人の「南部回帰」と「父親不在」、そしてベースボールとの距離感。
  • 2012年6月29日、『父親とベースボール』 (1)星一徹とケン・バーンズに学ぶ 『ベースボールにおける父親の重み』。
Categories
ブログ内検索 by Google
ブログ内検索 by livedoor
Thank you for visiting
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

free counters

by Month