April 09, 2009

まるで第二回WBCの決勝韓国戦の悪夢の9回裏同点の場面のリプレイを見ているかのような、この馬鹿なゲームぶり。投手が変わってもまったくリードを変えないどころか、この日3安打の好調のトップバッター、スパンのアウトコース高めに、まったく同じコース、まったく同じスピードのストレートを2球続け、同点タイムリーを打たれ、その後サヨナラ負けした。
Seattle vs. Minnesota - April 7, 2009
http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2009_04_07_seamlb_minmlb_1

2009年3月23日、WBC決勝で捕手城島は下位打線にスライダーを狙い打たれ続けた。
http://blog.livedoor.jp/damejima/archives/859907.html

2009/04/07_9回裏_最初の四球まず7番ゴメスに2球目からストレートをインコース目に7連投して最初のフォアボール。2死1塁。

2009/04/07_9回裏_2つ目の四球代打に左のクーベル。1塁ランナーのゴメスがセカンドに盗塁。ディフェンシブ・インディファレンス(守備側が故意に盗塁を見逃すこと)で盗塁としての記録は残らないが、2死2塁。アウトコース高めにストレート4連投で1、2塁。

2009/04/07_9回裏_3つ目の四球代打に左のブッシャー。またしても7球中6球のストレートをアウトコース高めに集めて、フルカウントからフォアボール。満塁。

ここでこの日2安打しているミネソタのリードオフマン、スパン登場。シアトルはピッチャーを右のモローから、同じ右のバティスタに意味不明に交代。

2009/04/07_9回裏_満塁からのタイムリー2球目をスパンがこの日3本目のヒット。サードランナーが還り、同点。投げた2球はコースもスピードも全く同じ、92マイルの平凡すぎるストレート。スパンにとってはバッティング練習のような打席翌日のモーノーの打席も参照。

2009/04/07_9回裏_2本目のタイムリーカシーアのサヨナラタイムリー。92マイルの高めのストレートで、スパンに打たれたのと全く同じ。ジ・エンド。




Play Clean
日付表記はすべて
アメリカ現地時間です

Twitterボタン

アドレス短縮 http://bit.ly/
2020TOKYO
think different
 
  • 2014年10月31日、PARADE !
  • 2013年11月28日、『父親とベースボール』 (9)1920年代における古参の白人移民と新参の白人移民との間の軋轢 ヘンリー・フォード所有のThe Dearborn Independent紙によるレッドソックスオーナーHarry Frazeeへの攻撃の新解釈
  • 2013年11月8日、『父親とベースボール』 (8)20世紀初頭にアメリカ社会とMLBが経験した「最初の大衆化」を主導した「外野席の白人移民」の影響力 (付録:ユダヤ系移民史)
  • 2013年11月8日、『父親とベースボール』 (8)20世紀初頭にアメリカ社会とMLBが経験した「最初の大衆化」を主導した「外野席の白人移民」の影響力 (付録:ユダヤ系移民史)
  • 2013年11月8日、『父親とベースボール』 (8)20世紀初頭にアメリカ社会とMLBが経験した「最初の大衆化」を主導した「外野席の白人移民」の影響力 (付録:ユダヤ系移民史)
  • 2013年6月1日、あまりにも不活性で地味な旧ヤンキースタジアム跡地利用。「スタジアム周辺の駐車場の採算悪化」は、駐車場の供給過剰と料金の高さの問題であり、観客動員の問題ではない。
  • 2012年7月3日、『父親とベースボール』 (2)南北戦争100年後のアフリカ系アメリカ人の「南部回帰」と「父親不在」、そしてベースボールとの距離感。
  • 2012年7月3日、『父親とベースボール』 (2)南北戦争100年後のアフリカ系アメリカ人の「南部回帰」と「父親不在」、そしてベースボールとの距離感。
  • 2012年6月29日、『父親とベースボール』 (1)星一徹とケン・バーンズに学ぶ 『ベースボールにおける父親の重み』。
Categories
ブログ内検索 by Google
ブログ内検索 by livedoor
Thank you for visiting
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

free counters

by Month