May 30, 2009

2009年5月29日、イチローの超絶技巧RBIシングル
イチローさすがの2安打だが、せっかくのノーアウト2塁で得点できないシーンがまたまた見られたように、まだまだ2番から4番の仕事がダメだが、それでも、ロブ・ジョンソンがバルガスの好投を最後まで守って連勝した。

バルガスQSで、これでロブ・ジョンソン先発ゲームの5月のQS数は、4月と並んで8になり、合計で16となった
細かいことだが、ブラニヤンの守備位置がなかなかよかった。ファーストライナーがどれかイチローの前に抜けてしまっていればこのゲームはもっともつれたゲームになっていた。
Seattle vs. LA Angels - May 29, 2009 | MLB.com: Gameday

詳細はのちほど

ゲーム最大のターニングポイントは、7回裏1死1、3塁を
インコース攻めでしのいだロブ・ジョンソンとホワイト

勝敗を分けた最大のポイントは1点とられてなおも得点圏にランナーを残した場面の7番のナポリの打席である。ロブ・ジョンソンの特徴のひとつでもあるインコース攻めについてはすでに指摘してある。(下記リンク)
2009年4月9日、ウオッシュバーンは城島抜きのゲームをエンジョイして完封勝利してみせた。
今シーズンは一時3割近辺を打っていたこの打者を、犠打になる外野フライでも内野ゴロでもない、1塁ポップフライというベストの結果に導けたことが、このゲームの勝敗を大きく分けた。
これでホワイトは2試合連続のホールド。だいぶ安心感が出てきた。
もし、この場面に裏口入学のコネ捕手城島がいたら、アウトコース低めへの攻めを中心に攻めたのは間違いない。今年5月1日オークランド戦でマット・ホリデーに打たれた同点ホームランを比較例に挙げておく。


7回1死1、3塁 ナポリ(スコア4−2)
結果:1塁ポップフライ


2009年5月29日 7回ナポリ 1Bポップフライ全球ストレート
2-0とカウントを悪くするが、それでもインコース勝負をかけたロブ・ジョンソンとホワイトのバッテリーの勝ち。


比較例
2009年5月1日 オークランド戦7回表
マット・ホリデーに浴びた同点ソロ(投手ホワイト 捕手城島)

1点リードの僅差で迎えた7回表。「外に変化球、内にストレート」のいつものコネ捕手リード。2−1とカウントを悪くして、慌ててストライクを置きにいく、いつもの城島。置きにいっただけのスライダーをスタンドに放り込まれ、同点に追いつかれた。

比較例 2009年5月1日オークランド戦7回表 ホリデー同点ソロ初球、2球目
アウトコースへのスライダー
3球目 インコースにストレート
4球目 甘く入ったスライダーをホームラン。7-7の同点に追いつかれる。




2度のダブルプレー(投手バルガス)
上にあげたナポリの打席以外に、バルガスの好投を支えた2つのダブルプレーも大きい。簡単に打席を挙げておく。どちらのケースでも、インコースは有効に使われている。

2009年5月29日 3回裏LAAフィギンズ ダブルプレー3回裏LAAフィギンズの
ダブルプレー


初球インハイのストレート
2球目インローのチェンジアップ

インコース上下に攻めた後、
3球目外のストレートをひっかけさせた

2009年5月29日 6回裏LAAアブレイユ ダブルプレー6回裏 LAAアブレイユの
ダブルプレー


初球、2球目と
インコースをえぐっておいて
3球目の外のストレートで
ダブルプレー

7回裏1、3塁でナポリをうちとった攻めとよく似ている。



ハワイ移民150周年
No Ichiro, No watch.

Play Clean
日付表記はすべて
アメリカ現地時間です




Twitterボタン

アドレス短縮 http://bit.ly/
2020TOKYO
think different
 
  • 2014年10月31日、PARADE !
  • 2013年11月28日、『父親とベースボール』 (9)1920年代における古参の白人移民と新参の白人移民との間の軋轢 ヘンリー・フォード所有のThe Dearborn Independent紙によるレッドソックスオーナーHarry Frazeeへの攻撃の新解釈
  • 2013年11月8日、『父親とベースボール』 (8)20世紀初頭にアメリカ社会とMLBが経験した「最初の大衆化」を主導した「外野席の白人移民」の影響力 (付録:ユダヤ系移民史)
  • 2013年11月8日、『父親とベースボール』 (8)20世紀初頭にアメリカ社会とMLBが経験した「最初の大衆化」を主導した「外野席の白人移民」の影響力 (付録:ユダヤ系移民史)
  • 2013年11月8日、『父親とベースボール』 (8)20世紀初頭にアメリカ社会とMLBが経験した「最初の大衆化」を主導した「外野席の白人移民」の影響力 (付録:ユダヤ系移民史)
  • 2013年6月1日、あまりにも不活性で地味な旧ヤンキースタジアム跡地利用。「スタジアム周辺の駐車場の採算悪化」は、駐車場の供給過剰と料金の高さの問題であり、観客動員の問題ではない。
  • 2012年7月3日、『父親とベースボール』 (2)南北戦争100年後のアフリカ系アメリカ人の「南部回帰」と「父親不在」、そしてベースボールとの距離感。
  • 2012年7月3日、『父親とベースボール』 (2)南北戦争100年後のアフリカ系アメリカ人の「南部回帰」と「父親不在」、そしてベースボールとの距離感。
  • 2012年6月29日、『父親とベースボール』 (1)星一徹とケン・バーンズに学ぶ 『ベースボールにおける父親の重み』。
Categories
ブログ内検索 by Google
Google

livedoorブログ内検索
Thank you for visiting
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

free counters

by Month