June 28, 2009

今日のゲームは規定出場イニング数には届いていないが、十分なゲーム数をこなしつつ、MLBのCERAトップを維持し続けるロブ・ジョンソンと(出場ゲームが一桁のような選手除く)、MLB規定イニング到達者でCERAトップの名捕手ラッセル・マーティンの(たぶん初めての)顔会わせのゲームということになった。

試合終了後のCERA
ロブ・ジョンソン   SEA 2.78(39ゲーム 316.1イニング)
ラッセル・マーティン LAD 3.45(63ゲーム 550イニング)
MLB Baseball Fielding Statistics and League Leaders - Major League Baseball - ESPN

結果として、シアトルがナ・リーグ西地区トップのLADに圧勝。ヘルナンデスが気持ちよく変化球をゆったりと投げたゲームだった。
これでヘルナンデスのERAは2.54で、ア・リーグ4位。このままワカマツが先発ローテにあわせてキャッチャーを変える方針でいってくれれば、彼は充実したシーズンになりそうだ。
MLB Baseball Pitching Statistics and League Leaders - Major League Baseball - ESPN

これでシアトルはSBOコネ捕手城島の食いつぶした貯金を取り戻して、貯金2に戻った。
Seattle vs. LA Dodgers - June 27, 2009 | MLB.com: Gameday


ヘルナンデスが9三振。アーズマが2三振。

最終回のアーズマは多少力みがあったせいか、ランナー2人を出した。
LAD打線にしてみれば、ヘルナンデスのストレートを待っていたのにさんざん変化球を空振りさせられ凡退し続けた後に、ストレート中心に組み立ててくるアーズマが出てきたわけだから、「ああ、やっとストレート系をバットに当てることができる」と、非常にホッとした気持ちだったのではないか。
アーズマ自身のストレートにキレがなかったわけではないが、たまたまそんなゲーム展開でストレートに飢えたLAD打線の前に出てきたアーズマは、多少不運ではあった。
アーズマのストレートを打ったほうがずっと打てそうな気がする、そんなふうにLAD打線に思わせるほど、今日のヘルナンデスの変化球はキレキレだった。


ヘルナンデスは8回自責点0。もちろんQSだ。これでヘルナンデスは城島がDL入りしたおかげで、7連続QSを達成した。

ヘルナンデスの全登板ゲームログ

4月6日  6回自責点1  城島 QS
4月11日 5回自責点5  城島
4月17日 6回自責点3  ジョンソン QS
4月23日 7回自責点0  ジョンソン QS 完封リレー
4月28日 8回自責点0  バーク QS
5月4日  6回自責点6  城島
5月9日  4回自責点5  城島
5月14日 7回自責点0  ジョンソン QS
5月19日 5回2/3自責点6 城島
5月24日 8回自責点1  ジョンソン QS 10三振
5月30日 6回2/3自責点0  ジョンソン QS
6月5日  7回自責点1    ジョンソン QS 10三振
6月10日 7回自責点1    バーク QS
6月16日 9回自責点0    バーク QS
6月21日 7回1/3自責点0 バーク QS
6月27日 8回自責点0    ジョンソン QS 9三振

ヘルナンデスの捕手別勝ち負け・防御率
ロブ・ジョンソン
4勝0敗 49回2/3自責点5 ERA 0.91
バーク 3勝0敗 31回1/3自責点1 ERA 0.29

城島  1勝3敗 26回2/3自責点23   ERA 7.76


ゲームはヘルナンデスとロブ・ジョンソンの鉄壁バッテリーで楽勝だったわけで、ゲームの勝ち負けよりよほど楽しみだったのは、ヘルナンデスの打席。いつぞや、あのサンタナから満塁ホームランを打ったのを思い出す。
今日は8回表にランナー2人を置いて打席が回ってきた。当たっているグティエレスがこの日2本目のダブルで、打席には1死でセデーニョ。ここでLADのトーリ監督は初球を普通に投げさせたが、キャッチャーを立ち上がらせ2球目から敬遠した。わざわざ貧打のセデーニョを敬遠するくらいだから、よほどヘルナンデスに代打を出してもらいたかったのかもしれないが、もちろんシアトルサイドはヘルナンデスの打撃がいいことを知っているだけに、普通に打席に送った。
ヘルナンデスは、8回裏のピッチングがあったせいか(おそらくベンチから指示があったのだと思うが)一度もバットを振ることなく三振したが、それはそれとして、ごく普通にバッティングしていたらセデーニョよりはタイムリーの確率が高かったのではないか、下手をするとホームランまで打ってしまうのではないかと思わせるほど、ヘルナンデスのスイングはシャープだった。


今日のゲームとは関係ないが、どうもベダードはワカマツと今後について話をしているのではないか。まぁ、釣り仲間でもあることだし。
"He(=ベダード) said he felt as good as he has in a long time," Mariners manager Don Wakamatsu said.
Mariners Blog | Game thread, June 27, Mariners vs. Dodgers (with Bedard update) | Seattle Times Newspaper







Play Clean
日付表記はすべて
アメリカ現地時間です

Twitterボタン

アドレス短縮 http://bit.ly/
2020TOKYO
think different
 
  • 2014年10月31日、PARADE !
  • 2013年11月28日、『父親とベースボール』 (9)1920年代における古参の白人移民と新参の白人移民との間の軋轢 ヘンリー・フォード所有のThe Dearborn Independent紙によるレッドソックスオーナーHarry Frazeeへの攻撃の新解釈
  • 2013年11月8日、『父親とベースボール』 (8)20世紀初頭にアメリカ社会とMLBが経験した「最初の大衆化」を主導した「外野席の白人移民」の影響力 (付録:ユダヤ系移民史)
  • 2013年11月8日、『父親とベースボール』 (8)20世紀初頭にアメリカ社会とMLBが経験した「最初の大衆化」を主導した「外野席の白人移民」の影響力 (付録:ユダヤ系移民史)
  • 2013年11月8日、『父親とベースボール』 (8)20世紀初頭にアメリカ社会とMLBが経験した「最初の大衆化」を主導した「外野席の白人移民」の影響力 (付録:ユダヤ系移民史)
  • 2013年6月1日、あまりにも不活性で地味な旧ヤンキースタジアム跡地利用。「スタジアム周辺の駐車場の採算悪化」は、駐車場の供給過剰と料金の高さの問題であり、観客動員の問題ではない。
  • 2012年7月3日、『父親とベースボール』 (2)南北戦争100年後のアフリカ系アメリカ人の「南部回帰」と「父親不在」、そしてベースボールとの距離感。
  • 2012年7月3日、『父親とベースボール』 (2)南北戦争100年後のアフリカ系アメリカ人の「南部回帰」と「父親不在」、そしてベースボールとの距離感。
  • 2012年6月29日、『父親とベースボール』 (1)星一徹とケン・バーンズに学ぶ 『ベースボールにおける父親の重み』。
Categories
ブログ内検索 by Google
ブログ内検索 by livedoor
Thank you for visiting
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

free counters

by Month